ここから本文です
【お知らせ】映画館の上映スケジュールについて、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響により、実際の上映時間と異なる可能性があります。ご不明な場合は、各劇場にお問い合わせくださいませ。

郵便配達は二度ベルを鳴らす (1981)

THE POSTMAN ALWAYS RINGS TWICE

監督
ボブ・ラフェルソン
  • みたいムービー 77
  • みたログ 855

2.97 / 評価:153件

知名度に釣られてハードルを高くし過ぎた

  • fg9***** さん
  • 2017年5月11日 12時25分
  • 閲覧数 1588
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

 …アメリカのハード・ボイルド作家ジェームズ・M・ケインの同名小説の映画化。
 …これまで4度映画化されているらしい。
 〇1939年:ピェール・シュナール監督。
 『最後の曲がり角』というタイトルで映画化。
 〇1942年:ルキノ・ヴィスコンティ監督。
 同監督の初監督作品(ほほ~、知らんかった。)。
 〇1946年:テイ・ガーネット監督。
 日本では劇場未公開。
 〇1981年:ボブ・ラフェルソン監督。
 ジャック・ニコルソン、ジェシカ・ラング共演。
 これが本作品。
 タイトルは何度も耳にしたことがあるので面白い作品なのだろう。
 …あらすじは、解説のとおり。
 いやはや~~、ハードルを高くして観てしまったためか、全然……言葉にならない。
 序盤こそ、ジャック・ニコルソンのアニマル度とジェシカ・ラングのお色気紛々に魅かれたが、後はもうグズグズ。
 結末は、運転中に横向いてキスなんかすれば事故るのは当たり前。
 で、まさかのジ・エンド。
 5か国語を話せるとかいう食堂のオッサンが、『ネオン』を『ニオン』と発音するところと、弁護士(保険金)のクダリが面白かっただけ。
 知名度に釣られてハードルを高くして、引っ掛かってスっ転んでしまった感じだった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ