ここから本文です

タキシード (2002)

THE TUXEDO

監督
ケヴィン・ドノヴァン
  • みたいムービー 17
  • みたログ 1,547

2.94 / 評価:290件

『ラッシュアワー』の波に乗った主演作

  • 一人旅 さん
  • 2018年7月19日 22時38分
  • 閲覧数 435
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

ケヴィン・ドノヴァン監督作。

お抱え運転手から凄腕スパイに転身した主人公の悪党との対決を描いたアクションコメディ。

『ラッシュアワー』シリーズのヒットにより当時アメリカで波に乗っていたアジア最大のスター:ジャッキー・チェンが主演を務めたハリウッド映画で、ヒロインには1990~2000年代を中心に女優業もこなしていた歌手のジェニファー・ラブ・ヒューイットがキャスティングされている他、特別出演としてジェームズ・ブラウンが本人役でちょっぴり顔を出しています。

諜報員のお抱え運転手に抜擢された平凡な主人公が怪我を負った主人の代わりに飲料水会社の大いなる陰謀に立ち向かっていくお話で、「運転手→即席スパイ」に転身した主人公の奮闘ぶりを、彼と行動を共にする女スパイとの関わり&共闘を軸に活写したバディムービー型のアクションコメディに仕上がっています。

物語のアクセントになっているのはタイトルにも採用された「タキシード」で、主人公は主人が愛用していたスパイ専用ハイテク機能満載のタキシードを勝手に拝借、人間離れした技で敵をなぎ倒していきます。タキシードというガジェットの特殊機能を存分に活かした戦いぶりが痛快な作品で、「ライフル組立て機能」「ズボン防御モード」「体操床演技機能」「垂直壁よじ登り機能」「反撃モード」「女が煙草を口に咥えたら、すかさずライターに火を灯す機能」等々、実戦に使える機能から明らかな無駄機能まで網羅した多機能タキシードを訳も分からないまま結果的に上手に使いこなしてしまう主人公の活躍がコミカルに活写されています。

主演のジャッキー・チェンは期待通りにコミカル&スーパータフな演技で画面を大いに賑やかしてくれますし、相手役のジェニファー・ラブ・ヒューイットもジャッキーに負けず劣らず癖の強いキャラクターを颯爽と好演しています。ジャッキー=「ボケ」とジェニファー=「ツッコミ」のコンビネーションはいい塩梅にバランスが取れていて、クリス・タッカーとコンビを組んだ『ラッシュアワー』シリーズとは一味違ったバディアクションを魅せてくれます。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • ロマンチック
  • 不思議
  • パニック
  • 不気味
  • 勇敢
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ