Jam Films (ジャム フィルムズ)
2.9

/ 168

10%
15%
43%
20%
11%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(23件)


  • tri********

    4.0

    ネタバレ手作お弁当ごちそうさまでした

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • nys********

    1.0

    学生が作った映画祭って感じ

    これだけの豪華な監督と俳優を揃えてこの出来か… 短編映画って、ナンセンスなものが多いとは思ってたけど、これだけのメンツなら面白いはず!と思って観てみたけど、時間の無駄だった。 そりゃ他の方のレビューも「綾瀬はるかのブルマ」に偏るよね。

  • koh********

    1.0

    綾瀬はるか

    綾瀬はるかのブルマとおっぱい(の揺れ)は良かった。 広末涼子も良かった。

  • a10********

    2.0

    ジャムシリーズでは一番マシ

    ジャムシリーズ全部観ましたが 一作品だけは面白かった! それはHIJIKIです。 あれだけは未だに忘れないですが あとはすでに思い出せない。。 オムニバスすきだけど イマイチ

  • ngk********

    1.0

    ネタバレ無題

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • drm********

    2.0

    面白かったのは

    OPと『JUSTICE』のみ。 後は吉本さんのやつくらいかな? 後は10分強だから我慢できたものばかり。 10分強だから面白くないのかどうなのか…。 しかしOPのキャッチーさを全く引きずらない作品をトップに持ってくるってどうなのよ? しかもそれが全く面白くないって…。 北村監督、格付けで偉そうに語ってる場合ではなかったですね…。

  • mei********

    3.0

    この映画には、

    この映画には、綾瀬はるかが映画デビュー。いきなり緑色のブルマ姿で映っていた。短い時間だったが赤・青・緑色のブルマ姿の娘を楽しめる。シーンだった。

  • shi********

    2.0

    ネタバレお得感!?

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • oce********

    3.0

    結構HIJIKIは美味いんですよ

    7個の短編からなる各話15分ほどのショートフィルム。 個人的な好みでいえば4話が気に入ってます。 残りの3話は正直それほどでも。もっと長くしても良かったのを含めて、平均点が正直な評価。 気に入った4編の感想↓ けん玉...山崎まさよしと篠原涼子の夫婦が微笑ましいし、けん玉の扱い方も良かった。      ただもう少しオチが巧くまとまればよかった。 HIJIKI...なぜひじきだと(笑)実はこれが堤監督の最高傑作だったりして(笑)この不条理     感はたまりません! 佐々木蔵之助のびびり顔もいいし、3人の女も上手いキャスト♪ 最初と最後のクレジットは確信犯的。      とにかく気になるのは屋根が低い!(笑) JUSTICE...こういうエロくてバカバカしい話は大好き(笑)ただテイストは間違いなく行      定監督らしい。      妻夫木のエロ顔とピースに、綾瀬はるかのブルマが最高(笑) ARITA...ラストだけ明らかに雰囲気が変わっている岩井俊二監督作。単なる語りから広末    涼子にとってのARITA。映像で魅せるのはいいが、大いなる疑問を投げかけて終    了。     でもそのセリフを言っちゃ何のための15分なんだか(笑)

  • hir********

    4.0

    ロウカニタテロヨ、オマエ!

    これまたBOOKOFFで、100円で売ってたッス! 広末涼子見たさに購入しましたが、篠原涼子、吉本多香美、綾瀬はるかと 正月の福袋の様に、好みの娘が出てきてビックリ。 かなり、見応えアッタッス。 特に女優三人のエロさは、ホドホド加減が絶妙でした。 広末先生は「ARITA]に体じゅうを這いまわられ、戸惑う不思議キャラでした。 この人は、こうゆうアンニュイな色気を魅せるのが得意だね。 ウルトラの娘、吉本嬢は流石、年長者ねばりつくような色気を魅せます。 「皆月」で組んだ望月監督、フェチぶりは健在でした。 さて、お父さんが一番気にいったのが、行定監督の「JUSTICE」 綾瀬はるかちゃんが、まだ10代で、こころも体もはちきれんばかり。 あぁ、共学っていいなぁ・・男子校出身の私は思いました。 ブルマぱっちん、ありましたよねぇ、 近くの女子高が放課後、部活で走ってたりすると、ドキドキしたもんなぁ。 あのドキドキが、年取ると無くなるんだよな。 税務署からの区民税支払請求書のドキドキになってしまう。 三人の美女のお色気責めに、これで100円なら充分と これからの酒のお供として、あたりめの横に置きました。 (綾瀬はるかちゃんで、ゆず割り2杯イケルな。)

  • かをる

    3.0

    なんだろう。

    「けん玉」が凄く好き。 シュールで、何だか可愛い話。 篠原涼子さんが、めちゃくちゃ可愛い! 負けず劣らず、山崎まさよしさんも可愛い! ほのぼの、ニコニコしちゃいました。 オチも、好きです。 ARITAって、何だろう。

  • suk********

    3.0

    ネタバレオープニングはくるり

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • pkp********

    3.0

    ちょっと変わった7つのお話

    15分の短編作品を7本詰め込んだオムニバス形式の作品 内容はくだらんなぁ~って感じなんですが、 全部の作品で監督さんが違うのでそれぞれの個性が出ててなかなか楽しかったです。 日常のちょっと変わった出来事だったり、タイムトラベルものだったり、 コメディーチックだったり…テーマも舞台もいろいろ。 ・the messennger 北村一輝 メッセンジャーと呼ばれ、武器も使わず人を殺すと言われる女性。 ある日地下に住むギャングの前にその女が現れる… ・けん玉 篠原涼子 山崎まさよし 彼女に頼まれ玉ねぎを買いに出る男。 ところが途中で袋を取り違え、中から出てきたのはけん玉。 ・ColdSleep 大沢たかお 目覚めると、そこは奇妙な人間が暮らす廃校。 どうやら、そこは二十年後の地球から遠く離れた見知らぬ星らしいが… ・Pandora 吉本多香美 足の秘密に悩む女性は、ある秘密の治療法を受ける… ・HIJIKI 佐々木蔵之介 人を殺して、人の家に立てこもった男だったが、 人質にした女は男のために山盛りのひじきを作り、説教を始める… ・JUSTICE 妻夫木聡 ポツダム宣言を読む英語教師の授業中、 グラウンドを眺め女子のブルマに夢中な男の子。 ・ARITA 広末涼子 22年間、ARITAはいつも私のそばにいた。 落書きに、ノートに、テストに、手帳に、年賀状に…。 でも、ARITAってなんだろう?? けん玉、JUSTICE、ARITAはなかなか好みでした。 まったり、ボーッと過ごしたい夜にはもってこいかもしれません。 個人的に、英語教師にブルマの色を数えて書いた『正』の字の意味を問われて、 『JUSTICE!!』って答える妻夫木君が、かなりツボ。

  • jig********

    2.0

    試みは嫌いじゃないw

    1.「the messenger」  出演:??  メッセンジャー・・その女性が現れると人が死ぬ。  彼の元へ表れたその女性が最後のメッセージを言う・・。  まぁ、最後のオチはありがちかなぁと思いますが  短くうまくまとめていてわかりやすいかなと。 2.「けん玉」  出演:山崎まさよし、篠原涼子、他  同棲生活をしてる二人、  たまねぎを買ってこいと言われた男は  言われるままに買いに行くが、途中ぶつかった女性と  包みを取り違えてしまう・・。  山崎さんのキャラがたよりなさげな感じがとても楽しい^^  話としてもうまくまとまっていて全作品中1番かなぁとw 3.「コールドスリープ」  出演:大沢たかお、他  長いコールドスリープから目覚めた男。  そこは地球ではなかった!人類はどこへ?  内容的に、しょーもなぁ。と多少笑えるとこが  よかったかと思います。 4.「Pandora」  出演:伊藤まいこ?  足に、秘密の悩みを持つ女性。  秘密の薬に魅せられて妖しい男の後についていくと・・。  女性の裸はでないのですが、  エロティシズムというか、いかにエロさを伝えるか  というところに目的があるような気がしました。  秘密の悩み、そして想像させるエロ。  女優さんの演技が色っぽくエロっぽくよかったかと^^ 5.「HIJIKI」  出演:佐々木蔵之介、他    警察に追われて、とある家に立てこもった男。  そこの家族の話を聞くうちに・・。  ハッピーエンドにはならないのか・・。  佐々木さんの演技が味があってよかったかと。 6.「JUSTICE」  妻夫木聡、綾瀬はるか、他  つまらない授業を受けてる最中、  外の体育の授業を盗み見る男子生徒。  机に書いた、赤、青、緑、そして「正」の意味は!?w  とりあえず授業のつまらなさがとっても伝わるし、  これじゃぁ外、見ちゃうよね。ってな感じですw  彼(妻夫木聡)の行動のバカバカしさに思わず苦笑w  綾瀬はるかのブルマー姿がまぶしすぎっ!^^ 7.「ARITA」  広末涼子  気がついたときから私のノートにはARATAが・・  アラタってなに?みんなには見えないの?  そんなちょっと不思議な物語。  広末涼子とノートに書かれた絵とのお話。  ちょっと変わっていて、興味をそそられるのが楽しいw  全編15分前後で作られているので、多少退屈でもすぐ終るから観やすいかなぁと。  新人監督らしく一風変わった作品たち、それぞれの個性がでてるかと思います。 こういう試みって悪くはないかなぁと思います。 まぁ、レベル云々で言うとまだまだかなとも思いますが、 そこは温かい目で?観るとよいかと思います^^

  • bek********

    2.0

    HIJIKI山盛りいかがっすかぁ~

    今から6年前のJam Films第一弾です。 7人の監督が思い思いに作った約15分間のショートムービー。キャストも人気俳優から個性派まで揃っています。私は「HIJIKI」と「けん玉」が好きです。 「HIJIKI」は佐々木蔵之介さんが大量のひじきと格闘 「けん玉」は山崎まさよしさんがボーっとしてて、篠原涼子さんもボーっとしてて。2人の部屋のゆったりとした空気がよかったです。 オムニバス形式だから全部お気に入りとはいえないけど、ちょっと長いCM・PVを見る感覚なので嫌ならバッサリいっちゃってください。 7作品中2作品なので☆2.5

  • hel********

    3.0

    オムニbus

    2002年。先日、PCを買い換えたのに併せて光を入れました。折角ということでネット配信されている映画でも見ようと探したのがこのJam Films。約14分の枠の中で描かれる短編映画が7本詰まったオムニバス映画になっています。Jam Filmsはその名前で3本映画が作られていて、その2作目は前に見たことがあります。本作は1作目に当たりますね。 本作は1作目ということもあってか大なり小なりすでに名が売れている監督が手掛けていますね。2作目がCMクリエイターが30分短編に挑んでいるのに対して、本作はTVドラマや映画を撮っている方が14分で作品を作るというよりオムニバス的な要素が強くなっています。ちなみにですがオムニバスというのは乗り合いの車という意味のラテン語が起源らしく、バス(bus)の語源でもあるそうです。 というわけで名立たる方々も短編ということか挑戦的な意欲作が揃っています。皆さん個々人の特色を出しつつ工夫しているのが楽しいです。あくまで個人的に優劣をつけるならばやはり岩井俊二「ARATA」が一番ですが。行定監督のJUSTICEは今まで見た彼の作品の中で一番よかったと思うのですがというのはオチということで。

  • ind********

    3.0

    けん玉

    元々、短編ってあんまりだったんですけど、なかなかだったんじゃないでしょうか。 お勧めは「けん玉」です!

  • cer********

    3.0

    どれもこれも

    特に心に残る作品はないけれど、どれもこれもそれなりに楽しめる。 たまにはオムニバスもいいかも。

  • tak********

    4.0

    ショートフィルムの醍醐味

    映画を見るようになったキッカケの作品 第一線の監督たちが作っているだけあり、どれも凄く楽しめます。 個人的に好きだったのは ARITA(岩井),HIJIKI(堤),JUSTISE(行定)かな。 気になる監督を知るのに良い映画かもしれません。

  • yamaken

    4.0

    あ、おもしろい!

    お気に入りは、行定勲の「JUSTICE」! 他の作品もそうだけど、正直手を抜いてる感が否めません。 が、これは傑作! 特に男の子に見てもらいたい青春ムービーです! 他の作品でも、力を抜いた感じで楽しめる作品が多々あります。 正直しんどいのもあるけどね‥。

1 ページ/2 ページ中