2013年3月16日公開

ベルリン・アレクサンダー広場

BERLIN ALEXANDERPLATZ

- 2013年3月16日公開
ベルリン・アレクサンダー広場
3.5

/ 4

25%
0%
75%
0%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

1920年代末期のドイツ・ベルリン。第1次世界大戦に敗れたことで社会は不安定になり、失業者や犯罪が増え続け、ナチスと共産主義者の対立も深まっていた。恋人を殺した罪で服役していたフランツ・ビーバーコップ(ギュンター・ランプレヒト)は出所し、真面目に生きていこうと誓う。しかし、考えもなしにナチスの党新聞販売を始め……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(2件)

悲しい16.7%不気味16.7%絶望的16.7%勇敢8.3%不思議8.3%

  • met********

    3.0

    ミーツェの節句

    32

  • いやよセブン

    3.0

    罪と罰

    ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー監督が1980年に作ったテレビドラマで、13話プラスエピローグから成る。 妻を殺して服役、出獄したフランツ・ビーバーコップが主人公、舞台は1920年代のベルリン。 フランツは真面目に働こうとするが、同僚に裏切られ、酒に逃げる。 その後、知り合ったラインホルトと友達になり、彼が飽きた女の下請けをやり始める。 また、彼の紹介で強盗団に加わるが、車で逃走中に彼に突き落とされ、右腕を失う。 そして知り合った娼婦ミーツェと暮らし始め、献身的な愛に身をゆだねる。 ある日、ラインホルトがやってきたので、ミーツェを自慢げに紹介する。 ラインホルトは羨み、ミーツェを連れ出し、殺してしまう。 エピローグは2時間あり、大半がフランツの犯した罪とそれに対する罰を耽美的な幻想シーンで、とても難解。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ベルリン・アレクサンダー広場

原題
BERLIN ALEXANDERPLATZ

上映時間
-

製作国
イタリア/西ドイツ

製作年度

公開日

ジャンル