キス★キス★バン★バン

KISS KISS (BANG BANG)

101
キス★キス★バン★バン
4.1

/ 77

40%
39%
12%
5%
4%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(32件)

かっこいい12.4%コミカル11.8%切ない11.8%楽しい11.2%泣ける9.3%

  • 辰っちゃん

    4.0

    隠れた良作

    名前ふざけてますがとても面白かったです。全然日本では有名じゃない作品。でも、有名な役者が結構出てました。ストーリーはレオンをコメディ風にしたような感じ。殺し屋を引退した主人公が再び銃を手に取り敵のアジトに乗り込むシーンは胸熱でした。

  • ふうた

    5.0

    掘り出し物

    ピンクのパッケージからしてオシャレ。一目惚れで思わずジャケ買いしてしまったけど大正解の作品だった。とてもハートフルで美しい寓話。そして何と言ってもクリスペンの魅力。純粋無垢な33歳の大きな子供を見事に演じきっていた。クリスペンがいないとこの映画は成り立たない。ステラン・スカルスガルドも自分の哲学の元で動く引退したヒットマンを渋く演じていた。名文句も沢山あって勉強になる。後輩のポールベタニーも適材適所で役柄に嵌っていた。話や演出もよく出来ていて雰囲気も大好き。音楽も素敵でサントラも良い。タイトルで損してるけど(同じようなタイトルもあるし)これは隠れた名作。

  • 小林幹生

    5.0

    ポール・ベタニー最高

    ポール・ベタニーが最高だった… 健気すぎるよ、アンタ…

  • oce********

    5.0

    笑って泣ける

    そんなキャッチフレーズがピッタリのこの作品。 粋で洒落たOPを観てこれは当たりだと確信したが、中身も裏切らない出来。 25年間の殺し屋稼業から足を洗い警護の仕事へ鞍替えするフィリックス。 その警護の相手が33歳年間外に出たことも無い子供のような大人ババ。 二人の触れ合いを描くと同時に、組織は裏切りは許さんとばかりに殺し屋を差し向けてくる。 一見すれば友情物のようだが、かなりライトなクライムコメディといったところ。 ババに外側のことを教えていくと同時に、それをどんどんと吸収していくババ。 成長していくと同時に感情表現も豊かになっていく。 メモや写真など小道具も最後に効いていく設定で無駄が無い。 惜しむらくは望んだ展開ではなかったのが残念なところ。 ステラン・スカルスガルドが、まるで「96時間」のリーアム・ニーソンのような頼れる親父を好演している。 撃って走ってセックスと奮闘(笑) クリス・ペンも幼い子供になり切り見せ付ける。 殺し屋側にいるポール・ベタニーも男の友情で泣けた。 規模としては小品だろうが、断然指示したい作品。

  • k19********

    4.0

    味のあるキリン

    あ~!なんてかっこいい映画でしょう! ポール・ベタニーが好きなので見たのですが この映画は今は亡き、クリス・ペンの魅力が すべて凝縮されている素敵な作品。 主役はステラン・スカルスガルド。 中年の殺し屋の役だけど根はすごくいい男。 後輩の殺し屋役のベタニーに「父親」みたいに 慕われている。 老いを感じ始めて殺し屋稼業から足を洗い 次に始めた仕事が、「子守り」!! この強引な転換は、いいかんじです。 裕福な古美術商の大切な大切な息子の役にクリス。 おもちゃで満ち溢れた豪華な子供部屋にある ソファの後ろから「ヌッ」と現れる33歳の子供。 この人の人物設定が秀逸。 父親の愛が強すぎて世間の醜い事柄から遮断されて 33年間、育った「純粋の塊」みたいな男。 この世の中に存在するすべての「負」の観念が ひとかけらも無い純粋無垢の男性の役って かなり難しいと思うけどクリス・ペンは見事に 演じきっていた。 彼の俳優人生は短かったかもしれないけど こんな素敵な映画を残して感動させてくれて感謝!! 「純の塊」クリスと寝食を共にするステラン。 最初は「こんな変な奴の世話、メンドクセ~・・・」 って顔して嫌々なんだけど徐々にクリスの純粋さに 心を動かされて父親みたいな感情が湧いてくる。 一方、後輩殺し屋のベタニーは暗殺集団のボスから 勝手に足抜けしたステランを殺害するよう命じられる。 お世話になった先輩、ステランをどうしても殺せない ベタニー。 彼も実は「恩義に厚い、いい奴」。 細身の身体に長いロングコートが最高にキマっていた。 彼は映画「ロック・ユー!」で、まっ裸で登場した時も かなり素敵だったけど、ロングコート姿もやはり素敵だ。 他にも「禁煙パッチ」を一度に大量に体に貼ると こんなかんじになるんだね~というおもしろいシーン、好き。 ステランとクリスの恋人役の女優さんたちも良い。 2人とも黒髪で清潔感があって綺麗。 女優のキャスティングもかっこいい。 クリスのエンディングはすごく切ないけど なんかしみじみと優しい気持ちになった。 ラストシーンも子育てした経験がある人は すごく共感できると思う。 特典映像もお見逃しなく。 出演俳優が自分の役の人物設定になり切って 「キメ顔」の写真で登場。 何故かキリンのぬいぐるみも「キメ顔」で登場。 クリスが大事そうにいつも抱えていたキリン。 首が動くと「クワーッ!クワーッ!」と鳴く。 ステランの赤ちゃんのベビーカーの中に さりげなく寝かしてあるし。 美術さんが手作りしたであろう味のあるキリン。 音楽も衣装も車もすべてにおいてかっこ良かった キスキスバンバン。 小道具のぬいぐるみまでもかっこいいなんて この監督、無名だけど恐るべし。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
キス★キス★バン★バン

原題
KISS KISS (BANG BANG)

上映時間

製作国
イギリス

製作年度

公開日
-