レビュー一覧に戻る
ケミカル51

ケミカル51

THE 51st STATE/FORMULA 51

92

cha********

3.0

意外な見どころ満載

主役の3人がすべてお気に入り人物という何とも魅力的な作品。 特にサミュエル・L・ジャクソンは、製作にも名を連ねていることから、この作品に思い入れがあるのがわかります。 その証拠が、あのスカート姿とラストの意味不明な○○○のシーンでしょうか(笑) ロバート・カーライルは、こういう軽いノリのお兄さんやらせたら完璧。 この軽いノリの奴が、いざという時にマジになると余計にかっこいいです。 エミリー・モーティマー。 「シャッター・アイランド」では気持ち悪かったですが、この映画ではOK。 彼女に殺し屋をキャスティングした方、ナイスチョイスです(笑) こんな可愛い殺し屋見たの初めて。意外に似合ってました。 ドラッグの密売を図るアメリカ人化学者とサッカーのチケット欲しさに犯罪に手を染めるイギリス人(ロバート)コンビに、彼らを狙うわけあり女殺し屋(エミリー)の3人を中心に繰り広げられるクライムコメディ。 まあ、とりたてて特筆すべきストーリーじゃないですが、アメリカ人とイギリス人のお互いのお互いに対する考え方が面白いです。 特にお互いの食文化をバカにするセリフは冗談とは思えません(笑)。 「イギリスはアメリカの51番目の州だ!」というセリフ(映画タイトルもそう)もブラックすぎて笑えません。 サミュエルのスカート姿と○○姿、可愛すぎる殺し屋、英米のけなし合いなどなど、意外に見どころの多いコメディです。

閲覧数610