レビュー一覧に戻る
ケミカル51

ケミカル51

THE 51st STATE/FORMULA 51

92

tha********

3.0

ドラッグは人を破滅させる

この最初に掲げた言葉、「ドラッグは人を破滅させる」 サミュエル・L・ジャクソンが最後の方のシーンで言うセリフです。 そのセリフ通りの映画でした。 この作品には、アメリカの黒人俳優サミュエル・L・ジャクソン、イギリスの俳優ロバート・カーライル、イギリスの女優エミリー・モーティマーが出演しています。この3人がほぼ出演しています。 サミュエル・L・ジャクソンが薬剤師、ロバート・カーライルがドラッグの売人、エミリー・モーティマーが殺し屋の役です。 まず、『ケミカル51』というタイトルには、意味があります。 51の意味を私の下のレビュアーさんが述べています。 ケミカルは、リース・エヴァンスがよくサミュエルとロバート2人に「ケミカル・ブラザーズ」と言うセリフからだと思います。 51は、ドラッグの名前POS51の意味だと思います。 51の意味は、いろいろとあるのですが、私の下のレビュアーさんがほぼ、述べているので、私は、ここまでにしておきます。 ストーリーは、おおまかに述べます。アメリカから、サミュエルとエミリーがイギリス・リバプールへ。サミュエルは、ドラッグを売る為に、エミリーは、サミュエルを殺すようボスから、言われイギリスへ。そこでは、サミュエルとロバートと一緒に仲間として、ドラッグを売ることに。あとは、この映画をご覧になって下さい。 こういうアクションに出演しているエミリー・モーティマーは、初めて観まして、殺し屋の役をやっているエミリー・モーティマーを観れて、得した気分になりました。こんな役をあまりしていない女優さんなので。 サミュエル・L・ジャクソンは、こういう役がはまり役です。 イカれた感じの役がすごく合う俳優さんです。 ロバート・カーライルもこの役には、ぴったりでした。 お調子者な感じの役が、似合います。 私的には、『トレインスポッティング』『GO NOW』のロバート・カーライルが好きですが。 カーアクションのシーンは、迫力ありました。 銃をぶっ放すシーンとかも迫力あり、かっこよかったです。 でも、ストーリー的には、ありきたりなアクション映画だなぁと思いながら、観てました。 この作品は、俳優さんとアクションシーンがよかったと思った映画でした。

閲覧数573