ケミカル51

THE 51st STATE/FORMULA 51

92
ケミカル51
3.2

/ 71

11%
25%
44%
15%
4%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(14件)


  • yor********

    3.0

    ぶっ飛びの展開

    狙撃手の女が、なぜ、脇役と、、、w

  • gag********

    5.0

    エミリー・モーティマー可愛い

    サミュエル・L・ジャクソンのスカート姿は最高ですねw

  • oce********

    2.0

    ドラッグは人を破滅させる

    英国産でキャストがサミュエル・L・ジャクソンにロバート・カーライルで期待しましたが何だか空回りぎみ。 ヨガやら座布団やら本編と関係ないところに細かい笑いが面白く、肝心の本編がリズムが悪い。 リバプールのアンフィールドスタジアムが見れたことには満足♪そしてサポーターのサッカー熱の高さも納得。 しかしドラッグを肯定してるかのような作品なのにラストで「ドラッグはやらない事が一番。」見事なフォローだ(笑)

  • Myonmyon

    5.0

    スカート姿の、サミュエル・L・ジャクソン

    この映画はクライムアクションコメディですから、 あくまでコメディなんです。w 脚本家のパブローがティムロスに脚本を送り、 ティムロスはサミエルに送る。 そして、サミエル自身が脚本を気に入って、 製作にもかかわるようになる。 香港映画で活躍している監督のロニーを選んだのも サミエル自身。 スコットランド生まれのカーライルが、 サミエルのキルトスカート姿のコンテを何枚も観て、 その後に、実際スカート姿のサミエルを観て、(笑) その衝撃は、、、、特筆すべきものだった。 というような事を言っていた。(爆笑) 僕の大好きなサミュエル・L・ジャクソンの PVとでもいいましょうか、そんな感じの映画です。 イギリスコックニーアクセントの、 Fuckin!(フッキン!) を中心としたスコットランドやイングランドの 微妙にアクセントの違うFuckin! アメリカアクセントの Fuckin!(ファッキン!)を中心とした 白人、黒人で微妙にアクセントの違う Fuckin! が入り乱れる、、、、 サブタイトルを付けるとしたら、 世界のFuckin!アクセントコメディ、(笑) 極めつけは、サミエルの Goddam!(ガッデム!) もう、笑いが止まらない。。 そうそう、穿った見方かもしれませんが、、、 エルモって、セサミストリートのガイド役です。 POS51という、嘘のドラッグ、、、 ドラッグなんて思いこみさ、、、 思いこめば、ハイになれるというメッセージ。 登場人物たちは誰もドラッグをやらない。 キャラクターの性格は、 サミエルがエルモ、カーライルがビッグバード、 エミリーがティーナ、 エバンスがバートで相棒の黒人がアニー、 ミートがクッキーズモンスターに見えてくる。 これは、新手のドラッグコメディマペットショウかもね。 けっこう、、確信しています。 隠喩として込められていると思いますよ。 あ、コメディー映画として5。

  • cha********

    3.0

    意外な見どころ満載

    主役の3人がすべてお気に入り人物という何とも魅力的な作品。 特にサミュエル・L・ジャクソンは、製作にも名を連ねていることから、この作品に思い入れがあるのがわかります。 その証拠が、あのスカート姿とラストの意味不明な○○○のシーンでしょうか(笑) ロバート・カーライルは、こういう軽いノリのお兄さんやらせたら完璧。 この軽いノリの奴が、いざという時にマジになると余計にかっこいいです。 エミリー・モーティマー。 「シャッター・アイランド」では気持ち悪かったですが、この映画ではOK。 彼女に殺し屋をキャスティングした方、ナイスチョイスです(笑) こんな可愛い殺し屋見たの初めて。意外に似合ってました。 ドラッグの密売を図るアメリカ人化学者とサッカーのチケット欲しさに犯罪に手を染めるイギリス人(ロバート)コンビに、彼らを狙うわけあり女殺し屋(エミリー)の3人を中心に繰り広げられるクライムコメディ。 まあ、とりたてて特筆すべきストーリーじゃないですが、アメリカ人とイギリス人のお互いのお互いに対する考え方が面白いです。 特にお互いの食文化をバカにするセリフは冗談とは思えません(笑)。 「イギリスはアメリカの51番目の州だ!」というセリフ(映画タイトルもそう)もブラックすぎて笑えません。 サミュエルのスカート姿と○○姿、可愛すぎる殺し屋、英米のけなし合いなどなど、意外に見どころの多いコメディです。

  • cb7********

    4.0

    最中は最高

    幸せな気分のまま他人を受け入れたら、凄くハッピーになりました。 大体の部分で愉快痛快でしたが、ラスト付近はおざなりなのかなぁ。 この監督、知ってか知らずか、はたまた研究しくつしたのか、トリップの使い方が上手いです。 久々、ぶっ飛べそうな感じでしたがね。 余韻が悪かったって感じでしょうか。 でも、最中は最高でした。

  • blu********

    3.0

    ネタバレサミュエルがコミカルにケミカルパーティ。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • hdk********

    3.0

    サミュエル以外は普通かなぁ。

    サミュエル・L・ジャクソンの余裕の演技が笑わせてくれます。 エミリー・モーティマーも、とてもクールなんだけど可愛かった。 ロバート・カーライルは好きなんだけど、この作品ではそこまで魅力的ではなかったかなと。 ストーリー・アクション共に可もなく不可もなく…あまり印象には残らない作品でしたが、飽きるシーンは少ないかな。少し幼稚な感じもしましたが…。

  • RUKA

    4.0

    51倍の絶頂感

    こんな カーライルは イヤだぁ~! し  サミュエル 俺さま映画だけど このメチャクチャぶりは スキ

  • sup********

    2.0

    いい題材なのに…

    この作品は相当期待して観ました。観たのは随分前ですが、観た事すら忘れてしまう作品は非常に珍しいです。 本作、アメリカ&イギリス&カナダの合作ですが、イギリス色が若干強いように思います。そのせいか、アメリカ映画の良さでもある「娯楽性」に乏しく、かといって、映像やストーリー重視というワケでもない為、全編通してダルダル感は否めません。 ハッキリ言って、期待値が高い人ほど「駄作」に成り得る凡作に思います。 ちなみに… 「パルプ・フィクション」や「ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ」とは全くの別モノです。 そもそも登場人物が誰一人としてカッコよくありません。 あえて言うなら… 「プランケット&マクレーン」くらいマイナー(?)なイギリス映画の匂いがします。 その匂いが好きなら話は別ですが…(苦笑)

  • nak********

    3.0

    まあまあ

    サミュエルが好きなら見た方が良いです。 ただ話はビミョーです。

  • tha********

    3.0

    ドラッグは人を破滅させる

    この最初に掲げた言葉、「ドラッグは人を破滅させる」 サミュエル・L・ジャクソンが最後の方のシーンで言うセリフです。 そのセリフ通りの映画でした。 この作品には、アメリカの黒人俳優サミュエル・L・ジャクソン、イギリスの俳優ロバート・カーライル、イギリスの女優エミリー・モーティマーが出演しています。この3人がほぼ出演しています。 サミュエル・L・ジャクソンが薬剤師、ロバート・カーライルがドラッグの売人、エミリー・モーティマーが殺し屋の役です。 まず、『ケミカル51』というタイトルには、意味があります。 51の意味を私の下のレビュアーさんが述べています。 ケミカルは、リース・エヴァンスがよくサミュエルとロバート2人に「ケミカル・ブラザーズ」と言うセリフからだと思います。 51は、ドラッグの名前POS51の意味だと思います。 51の意味は、いろいろとあるのですが、私の下のレビュアーさんがほぼ、述べているので、私は、ここまでにしておきます。 ストーリーは、おおまかに述べます。アメリカから、サミュエルとエミリーがイギリス・リバプールへ。サミュエルは、ドラッグを売る為に、エミリーは、サミュエルを殺すようボスから、言われイギリスへ。そこでは、サミュエルとロバートと一緒に仲間として、ドラッグを売ることに。あとは、この映画をご覧になって下さい。 こういうアクションに出演しているエミリー・モーティマーは、初めて観まして、殺し屋の役をやっているエミリー・モーティマーを観れて、得した気分になりました。こんな役をあまりしていない女優さんなので。 サミュエル・L・ジャクソンは、こういう役がはまり役です。 イカれた感じの役がすごく合う俳優さんです。 ロバート・カーライルもこの役には、ぴったりでした。 お調子者な感じの役が、似合います。 私的には、『トレインスポッティング』『GO NOW』のロバート・カーライルが好きですが。 カーアクションのシーンは、迫力ありました。 銃をぶっ放すシーンとかも迫力あり、かっこよかったです。 でも、ストーリー的には、ありきたりなアクション映画だなぁと思いながら、観てました。 この作品は、俳優さんとアクションシーンがよかったと思った映画でした。

  • tou********

    4.0

    ネタバレ巻き込まれ系の演技

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • tep********

    3.0

    どらっぐイクない!

    結局ドラッグはいけませんよ的教訓映画。 でも、恋愛要素を盛り込んで、普通にエンタテイメントにしてみました。 という内容。

1 ページ/1 ページ中