レビュー一覧に戻る
六月の蛇

六月の蛇

A SNAKE OF JUNE

77

酒井正道

4.0

平常心では観れなかった

これまた特殊な映画でした。精神的にくるというか、潜在的にみんなが持っている妄想みたいなものを、多分とてもリアルに表しているのかな、画面は全編どしゃ降りの雨で いやーな感じなんですよ、傘をさしていても濡れてしまうような雨足が強い雨、だけどどうでもいいやみたいに傘を捨ててしまった時には、逆に気持ちいいぐらいのどしゃ降り、ストーカーが雨の名で撮り続けるシーンは、傘を捨て、服を捨て、全てを捨てて、見事なエロが表現されていた。 心に差し込んでくる奇妙なモノクロ映画です。

閲覧数1,856