ここから本文です

ウォーク・トゥ・リメンバー (2002)

A WALK TO REMEMBER

監督
アダム・シャンクマン
  • みたいムービー 288
  • みたログ 561

4.24 / 評価:173件

甘酸っぱい

  • qvxotoxvp さん
  • 2009年4月15日 0時08分
  • 閲覧数 771
  • 役立ち度 18
    • 総合評価
    • ★★★★★

すごくいい映画です。
じーんときました。

甘酸っぱい。
あまりにも、甘酸っぱい。
そう、それは熟す前の苺のような…という比喩が適切かはわからないけど、
甘酸っぱい。
まさに青春。熱い!
「こんな学生生活おくりてーよー」と思わせること必至なストーリーです。

しかしアメリカの高校生は大人っぽすぎるぜ。
アメリカの学生物見るたびに感じさせられるぜ。

テンポもいいです。
最初のシーンと最後のシーンあたりを見比べると、
まるで別の映画ですから。

世界観がいいです。
超いい。
超いいとこでロケしてる。
あんなレストランいってみたいよ。素敵すぎるよ。
主人公たちが住んでいる家、彼らが行く場所、ほんと素敵です。
アメリカ、かっこよすぎだろ…日本…勝てねえよ…笑 ていう。
緑があって、開放感あって、さわやかで、こんなとこに住みたいって思いました。

そして何より設定がヤバイ。
「可愛いのに、美人なのにお洒落とか全然無頓着でイモいヒロイン。
でもちょっとお洒落したらヤバイくらい綺麗。
でも本人は相変わらず無頓着。
目立つ存在では勿論なく。
性格も趣味も地味でいい子系。
でもしっかりと自分をもっていて、意味なく群れたりしない。」
きました。
黄金の設定が。
ゴールデン・セッティングが。
超きてますね。
こんな子いたら確実に恋に落ちるんですよ男性は!(注:主観)
「おれが…守る!」(何から?)
て、なるんですよ。男性は。
そんな子を見つけてしまったら…

まあ、そう思わせた女の勝ち…いやいや。

そう、この設定はあまりにもあざとい。巧すぎる。
そしてヒーロー役の彼。
ちょっとワルな空気もってて、不器用で、かっこよくて、可愛い。
いいですね。
これは、女の子も惚れるでしょう。
世界の中心で…とはえらい違いですね、主役のかっこよさは。
比べるなって話ですが。

まあでもやはり今作はヒロイン役の彼女の一人勝ち状態でしょう。
かなりよかったです。
歌もうまいし。演技うまいし。

ストーリーだけ見たら、
超ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーありがちなお話なのに、
この凄さ。
めっちゃ古典的なのに。
「ありがちありがちありがちィイイイイイイ!!!!!!!」と
荒木なら間違いなくいう展開なのに。
それなのに。
この心に残る感じ。
大事にしたい映画って思わせるのは。
すごいです。
暖かくていい映画です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • ロマンチック
  • 切ない
  • かわいい
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ