レビュー一覧に戻る
過去のない男

過去のない男

MIES VAILLA MENNEISYYTTA/L' HOMME SANS PASSE/THE MAN WITHOUT A PAST

97

kih********

2.0

ジョークなのか、本気なのか、どちらもか?

 『過去のない男』(英題:The Man Without a Past)というと、逆に過去の「ある」男(=過去に良くない経歴のある男)を思い浮かべるから、これは一体どういう男だろうと思いきや、過去の記憶のない=記憶喪失の男だった。なんだ。  カウリスマキの映画は一風変わっていて、構えてかからないと騙されたり、構え過ぎるとサラリとかわされたり……だから、『過去…』というタイトルから、少々構えてしまった。頭をぶん殴られて病院へ……という時点で、フム、と先が読めた。  ところが、この監督さんのやり口は、死亡診断された男が生き返ったり、離婚話に祝意を述べたり、あり得ないようなことを簡単に組み立てるので、ジョークなのか意味深・ド真面目なのか、わけが分からない。  ともあれ、本作ではこの『男』が良心的な女性と結ばれそうで、何より。ハッピーエンドということだろうか。どうもスッキリしないけど。 (カウリスマキ作品は、もう少し観てみる。どうも、気になるのだ。☆2の評価にしたのが、のちのち恥じることになるかも。)

閲覧数1,201