レビュー一覧に戻る
過去のない男

過去のない男

MIES VAILLA MENNEISYYTTA/L' HOMME SANS PASSE/THE MAN WITHOUT A PAST

97

********

4.0

歌と宗教の共同体

2002年。アキ・カウリスマキ監督。強盗に殴られて記憶を失った男が、助けてくれた人々の元で、生活を立て直そうとする話。社会の底辺で生きる人々とともに生活しながら、救世軍の女性と恋をする。やがて身元が判明してみると、妻がいて、、、。 「今ここから抜け出したい」というこの監督の一貫したオブセッションを引き継ぎながら、「抜け出したい」という思い、希望を忘れてしまう男を主人公に設定し、それでも新しい生活を明るく築き上げていく過程を描くことで、今ここを抜け出すということが、単に一人の男の主観的な欲望のレベルではなく、人間の普遍的な行動規範のレベルにまで昇華されている。人間ならだれでも、今ここの私とは別の私になりたいものだし、いざ、抜け出してしまえば、そこには、歌と宗教の共同体があり、新しい私を歓迎してくれる。 50年代のハリウッド映画のようなキスシーン。

閲覧数993