ここから本文です

船を降りたら彼女の島 (2002)

監督
磯村一路
  • みたいムービー 14
  • みたログ 71

3.58 / 評価:19件

無くなった美しい国と時間をくれた

  • oak***** さん
  • 2007年3月27日 23時53分
  • 閲覧数 377
  • 役立ち度 8
    • 総合評価
    • ★★★★★

仙台郊外に3年間暮らして「東京砂漠」に帰って来た。仙台も住みやすかったが、愛媛はもっと住みやすそうだ。こんな故郷の自然と人間関係を持っている人が羨ましい。東京のラッシュアワーで通勤すれば、「基本的人権」は空理となり、「謙虚・謙譲」は霧散し、自分を守ることしか考えない人間に変化するのは容易である。山口のお坊ちゃまが総理で、二世三世議員がほとんどの政治屋が、本気で国民に「美しい国」を作ろうと考えているとは思われない。
であるからこそ、二時間でも浮世を忘れさせてくれる本作のような映画は貴重であり、存在意義がある。単純そうに見えるストリーには繊細な配慮と変化が加えられており、画面の美しさや映画のテンポや間は抜群に素晴らしいと思う。三億円程度の予算で済むはずで、各府県が愛媛の影響を受けて、本作のような映画を作ってみれば、何が「美しい国」なのか見えてくるのではないだろうか?この国は私たちの国であり、天皇やお坊ちゃん政治家のものではないのだから。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ