ここから本文です

船を降りたら彼女の島 (2002)

監督
磯村一路
  • みたいムービー 14
  • みたログ 71

3.58 / 評価:19件

叙情詩的な美しい映画。

  • coo***** さん
  • 2007年9月28日 17時14分
  • 閲覧数 546
  • 役立ち度 5
    • 総合評価
    • ★★★★★

物哀しい押尾コータローのギターに乗せて,冬の愛媛の島々を舞台に親子の心情が見事に描き出されています。娘を思う無口な父親(大杉漣)と,結婚を言い出せない娘(木村佳乃)の気持ちが痛いほど伝わってきました。
この映画にひかれたのは…
それは,波音,星々,冷たいけどやさしい風,島民の温かい心,子供の頃の純粋な思いなど都会からは消え去ってしまった温もりが随所にちりばめられているからだと思いました。そしてそれとともに,島にそして日本人にある昔から変わらない普遍的なものが鈴の音とともに描き出されているからだと感じました。
大杉漣さん,木村佳乃さん,照英さん,大谷直子さんの演技がとてもよかったです。中学生時代の石原さとみさんがワンシーンですが,重要な役で出ていました。とても初々しくて存在感がありました。やっぱりいい女優さんです。
ラストシーンでは,父親の姿に思わずグッときました。『がんばっていきまっしょい』や『解夏』を監督した磯村一路さんの演出がたいへん素晴らしいです。おすすめです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ