ここから本文です

踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ! (2003)

監督
本広克行
  • みたいムービー 52
  • みたログ 6,271

3.32 / 評価:938件

解説

 あれから5年、空き地だらけだったお台場は、いくつものビルが建ち並び、おしゃれなスポットで埋め尽くされた一大観光地へと変貌した。湾岸署では、道案内や迷子、交通整理などあふれる観光客相手の地味な業務に忙殺されていた。そんな時、久々に青島らを奮い立たせる凶悪事件が立て続けに発生、さらには猟奇的な殺人事件まで起き、ついに湾岸署に特別捜査本部が設置された。特捜本部長には初の女性キャリア沖田が任命され、室井がそのサポートに就くことに。しかし、青島らの必死の捜査もむなしく、第2の殺人事件が発生してしまう。

allcinema ONLINE (外部リンク)

映画レポート

(C)1997-2003 Fuji Television Network, Inc. All Rights reserved.
(C)1997-2003 Fuji Television Network, Inc. All Rights reserved.

「踊る大捜査線THE MOVIE2/レインボーブリッジを封鎖せよ!」─これこそ紛れもない<日本映画>

やっぱり「踊る大捜査線」はグレイトだった! 劇場で燃えることに意義がある一大イベントと化していた前作は、スクリーンで観るTVドラマ感があったのと裏腹に、新作は映像センスも正真正銘の映画サイズにパワーアップ。しかも、「5年経ったら、誰も前作のことなんか覚えていない。お祭り騒ぎの興奮を差っぴいてもうまくいくぐらいの緊張感が欲しかった」と織田裕二がいう世界は、青島が初心を忘れても、シリーズの初心にカムバック。「レインボーブリッジを封鎖せよ!」という映画ならではのビッグスケールの無茶を仕掛けつつ、改めて本店・支店の関係を巧みに織り込んで、この1本だけ観ても、そこに浮かびあがる日本社会の縮図に、笑わせ、泣かせて、胸を揺さぶる。今回は5年というインターバルが思いがけず効果的。そう、PART1はTVシリーズのひとつの到達点で、PART2こそが映画「踊る大捜査線」のスタートだったのだ。

ゴダールは「その国が何なのかを表現する“日本映画”は存在しなかった」と言ってたが、これこそ紛れもない日本映画。と同時に、極上のエンタテインメント。日本映画を面白くしてくれる男と期待される織田に、「上に行って、警察を変えてくれ」と託される室井の姿も、重なっちゃうぞ。(杉谷伸子)

7月19日より、日比谷スカラ座1ほか全国東宝洋画系にてロードショー

[eiga.com/7月16日]

映画.com(外部リンク)

2003年7月16日 更新

本文はここま>
でです このページの先頭へ