西洋鏡 映画の夜明け
4.3

/ 6

50%
33%
17%
0%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(6件)

かわいい17.6%ロマンチック17.6%切ない17.6%ファンタジー11.8%楽しい11.8%

  • mii********

    5.0

    映画の素晴らしさを伝えてくれた若者の話し

    「あの箱に魂を抜かれる」などと言われていた時代に、 「写真が動く」などと言われても誰も相手にしてくれない。 西洋文化の波が少しづつ見え隠れしていた20世紀初頭。 活動写真をひっさげて単身大英帝国からやってきた、レイモンド。 初めて観た活動写真(シャドウ・マジック)に惹かれた中国の若者リウ。 この二人の出会い、結びつきこそが中国映画の夜明けだったのです。 伝統とは尊いもの。 それを守り続ける勇気と新しいものを受け入れる勇気。 作品は実際に中国大陸に入ってきた由来を元に肉付けされたもの。 初めて雄大なるスケールを持つ中国をフィルムに収めた西洋人は、 どんなにか興奮したものに違いない。 あの万里の長城や紫禁城を劇中に差し込んで見せてくれるのも嬉しいひとコマである。 文明開化とともに異文化をどう受け入れていくのか。 何でも受け入れるものではない。受け入れるべき文化がある。 その大切さが発展へと結びつくのに違いないはず。 異国人が何やらいかがわしい魔術で中国人をたぶらかしにきた。 恐る恐る、何でも映し出す“西洋鏡”の小屋へ興味が湧きます。 それでも異国人の口車には乗れない・・・・・ そこに中国人リウが人肌脱ぐのです。 目の前に繰り広げられる「動く写真」に驚く民の表情が可笑しくもあり温かくもある。 そしてそこには最高の“笑い顔”が待っていたのです。 お話はリウを中心にして社会的な地位や文化、家族愛や恋愛をうまく絡めて進められます。 このリウを演じたシア・ユイの表情豊かな演技に魅了されてしまいます。 ほんの少し昔の話し、こんなにも映画を愛した若者がいたのです。 お薦めの作品です。

  • ham********

    5.0

    映画人生は素晴らしき翼である

    初めて映画に出会ったときの感動を覚えていますか? 手に触れることはできないのにすぐそこにこの手に触れているかのようで 興奮し、大いに喜び、魅せられてしまった映画。 この作品のように動く写真を見て身近にある風景の美しさに改めて気づいたり、 スクリーンの向こうにある動きに合わせながら、 こうだね、ああだねっておしゃべりできたり、笑ったりできる。 西洋の色鮮やかな視点と京劇に見入ってしまい、 ちょっと淡い画像になると恋に向き合うまっすぐな気持ち。 身分は違っても恋をすることはとても素敵なことであり女性を可愛くする。 チャーミングな彼女にニンマリとし初々しさにどきどきする。 映画の中で出会った新しい創造物。 映画に魅せられて本当によかったと思う。 ロマンチックな映画の夜明け・・・・・2011年もあなたと一緒に。

  • pin********

    4.0

    写真が動けば映画なのかなぁ。

    中国版『ニュー・シネマ・パラダイス』というふれこみですが、それはちょっと違うんじゃないでしょうか。 事物起源的な内容で、中国での映画興行の始まりを、京劇の凋落や、恋愛模様と絡めながら描いただけのものです。 冒頭、古い北京の様子を写したフィルムから、物語の中に入っていく場面は、こうした映画の常套手段で、目新しい感じはしませんでした。 その後の写真館の助手を務める主人公が、映画に魅かれていく心情もいまひとつつかみにくいのです。 この中に描かれている映画も、必ずしも魅力的なものではありません。 ここで描かれている映画は、とても原始的なもので、本当にただ写真が動くだけのものにすぎません。 僕たちが心惹かれるのは、劇映画であれ、ドキュメンタリーであれ、作るものの意図が感じれれるものではないでしょうか。 ただ自分が映っているというだけの、ホームビデオの延長にあるようなものは、映画として認められるのでしょうか。 『ニュー・シネマ・パラダイス』の溢れ出るようなキス・シーンとは正反対のもののような気がするのです。 この映画は、その点で観客の心をつかみ損ねているように思えました。 サイレントの映画を見ながら、軽妙な会話をする…多分相声(中国の漫才師)であろう役者の…シーンは面白かったのですが、長く続くとあざとさが鼻についてしまいました。 映画という新しい技術に酔う青年の姿を描くのはいいのですが、清朝の終焉を予見するようなセリフを吐くのは少々行きすぎではないでしょうか。 映画が上映されることで、京劇が凋落していくであろうことをも描いているのですが、現実には京劇の方が魅力的であり、また、この映画の中でも、新しい時す代の動きに寛容な京劇役者の方が魅力的なのはこまったものです。 京劇役者の娘さんを演じた役者さんは可愛らしかったですね。 でも、現実には凋落の一途の映画が、京劇の凋落を哀れむかのようなことを言っても説得力がないと思います。

  • gre********

    4.0

    ネタバレ西洋鏡映画の夜明け

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • syu********

    5.0

    産業考古学的作品

    中国映画の誕生を、史実を基に映画化。徹底的に当時のリサーチを行い、映画草創期の映画人たちを実録風に、そして愛情を込めて描く感動作。秀作。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
西洋鏡 映画の夜明け

原題
SHADOW MAGIC

上映時間

製作国
アメリカ/中国

製作年度

公開日
-