ここから本文です

星に願いを。 Nights of the Shooting Star (2002)

監督
冨樫森
  • みたいムービー 30
  • みたログ 533

3.54 / 評価:90件

中盤までだれる映画

  • den******** さん
  • 2013年2月17日 17時12分
  • 閲覧数 706
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

感動的なことを予想せず見ると結構満足はできるが、この手のよみがえり映画を好まない筆者は当初からつまらない目で見た。
中盤までのストーリーの把握が進まないと竹内結子と吉沢悠に感情移入がしにくい関係性がちょっと理解しがたい。
脚本がすんなり進まない展開をしてる為か、うまく表現されない無茶な演出は吉沢悠の演技に跳ね返っているのが残念だ。
素朴な前向きさが、ぶっきらぼうな印象に思えて吉沢悠の演技を受け付けない筆者はこの役に対しては嫌いな感覚しか持たない。
竹内結子に接近していく演出に違和感がありまくりで、どうしてそんな嘘っぱちなつながりでお話を纏めたいのかが意味がわからない。
よみがえり映画はより親近感と親密さを重視した感覚を伝えなくては味わいがないと思った。
ただ竹内映画として見た場合、ナース姿には魅入ること受け合いたい。若い頃の輝かしい可愛らしさに満足はできるが、ドラマとしての内容はあまり期待を寄せすぎてはならない。
映像に関して、際立った画がない。構成が凡作すぎて、明るい無邪気さと、ツンツンした疎外感が竹内の演技として面白く観れるだろう。

この映画は、映画的な見ごたえはない残念。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
  • 不思議
  • 切ない
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ