レビュー一覧に戻る
怪奇異星物体

怪奇異星物体

THE DAY THE WORLD ENDED

90

goo********

4.0

オカルト好きにはいい

過疎的な地方を舞台に、オカルト的な話が展開してゆく。 ヒロインは大都会から赴任してきた途端になにやら怪しげな世界に巻き込まれる。 少年役は登場するなり作品のキーパーソンとして強烈に印象付けられる。 怪物が暴れるのを観賞するより、住人たちの異常さを感じる作品として観ていく方が解りやすくて良いかもしれない。 中世の魔女狩りを現代風に脚色したらこうなったという感じか。 ただし、超常的な力は本当に存在しているという大前提がある点ではオカルト映画だ。 観る人によっては映像手法は少し時代遅れを感じるかもしれない。 演出も「エイリアン」「プレデター」などを観てきた人には物足りなさを感じさせるかもしれない。 可もなく不可もなくといった作品。

閲覧数513