人喰い人魚伝説

MERMAID CHRONICLES PART 1: SHE CREATURE/SHE CREATURE

89
人喰い人魚伝説
2.5

/ 20

0%
20%
25%
45%
10%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(8件)


  • まふふぁむ

    3.0

    へーんしん!ズコーッ!!

    人魚が恐ろしい?殺人人魚に変身するときに物凄い勢いでズッコケる。 大阪人でなくてもこれはズッコケる。 今まで危ない臭いがチラホラ程度のB級ホラーが、この変身タイムを境にウルトラマンを見ている気分になる(海獣のほうね) 私的にはかなりウケたので ホラー的には1だが、 まぁまぁ楽しめたので3だ。 もちろん楽しめたというのは、ホラーとしてではない。 ある意味記憶に残る作品だ。

  • スーザン

    2.0

    モンスター化は興ざめ。

    結構凝ったカンジで始まったのだが、やっぱりそこはB級。 展開も粗く、恐ろしくもない。 どうせグロい表現が無いのなら、あんなモンスターは要らなかったのに・・・。 おねえちゃん人魚のままで怖がらせてほしかったなあ。

  • Tomtom

    2.0

    タイトルがB級そのものだし

    「人喰い人魚伝説」という超B級臭いタイトルにつられて鑑賞。 タイトルにつられる事多いんです、私。 案の定お決まりのB級モンスター映画でした。 ぜーんぜん恐くないし血みどろシーンもほとんど無し。 人魚が半魚人に変身した所で完全にただのモンスター映画です。 人魚のままか変身途中のキモい人魚で人を襲わせた方が面白かったのでは?

  • ang********

    3.0

    ネタバレやばい、面白い(笑)

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • yah********

    2.0

    ホラーかと思ったらB級の特撮

    ホラーのわりには衣装やセットにお金がかかってる感じに見えるけど人魚はショボイw最後の方なんか特撮でゴム人形の中に人間が入って動いててCGではない。指先とかヒレがゴムだからビヨンビヨンしちゃって安っぽいw 人魚役の女優は鼻の横にでっかいホクロがあって、全然人魚に見えない。誰のイメージにも人魚にホクロは無いと思うのだが… 話はホラーにありがちなほど滅茶苦茶ではないけど、観終わった後「へー、だから何?」という感想しか残らなかった てかこれホラー映画じゃないな…残虐殺人映画でもないし…ミステリーでもない…おとぎ話でもない…なんかよくわからないジャンルのB級映画。そんなに損した感は無かったけどレビューが3件しかないってことは大コケだったんだろうな

  • kkk********

    2.0

    Splash! フロム・ダークサイド

    人魚の肉を食べると、長生きする。 そんな昔話を聞いたことはあったけど。 ここの人魚は逆に、ヒト様の肉を食らう。 お話は、20世紀初頭の頃。 ヨーロッパのどこぞ(忘れた)。 インチキ100%の見世物小屋で荒稼ぎを するイカサマ師、アンガス。 見世物の花形、人魚を演じる自称女優のリリー。 「こんなもんはインチキぢゃ!  お前らは、本当の人魚の恐ろしさを知らん」 ふらりとやって来たジジイが難癖を付けてくる。 本当の人魚だと? アホか、知るわけなかんべよ。 アンガスとリリー、ヨボヨボのジジイを 御丁寧にも屋敷まで送ることにする。 「信じておらんのだな。わしの話を」 果たして。その屋敷には、いたのである。 妖しげな笑みを浮かべる、本当の人魚が。 イカサマ師のアンガス、考えることが分かり易い。 人魚を強奪すれば、大儲けができる。 あっさりと人魚をかっ攫い、 夢のアメリカンドリームを目指し船上の人となる。 しかし。 本当の人魚の恐ろしさを、彼らはまだ知らない。 水槽の中で、大人しくしている訳はないのだ… 主演は「ナイト・ミュージアム」の歴史ヲタクな 図書館員役が記憶に新しいビミョー系 ラテン・ビューティ、カーラ・グギーノ。 玉吉的には「シン・シティ」で見せた、 息を呑む程に芸術的なスーパー・ナイスバディ (今となってはCG合成の疑いあり)が 本作鑑賞の決め手となっていたのだけど… そんなサービス、一切ナシ!くそぉ、金返せ。 代わりに、タイトルロールのマーメイドさんが 終始、上半身モロ出しで登場する。 貝殻で隠したりはしていない。 いや、だからなんだ(怒)と言われると、 サーセンとしか言えないのですが。うう。 そんなマーメイドさん、ラスト10分では 恐ろしい半魚人に変身!して大暴れ。 クリーチャー製作はかのスタン・ウィンストン・スタジオ。 さすがに、モンスター好きならば居住いを正さずには おれない、気色悪くも魅惑的なフォルム。 正直、ここだけは結構見応えアリ。 …というか、作品自体はかなりの困ったちゃん。 ストーリーがどうにも行き当たりバッタリの印象で、 89分という短めのランタイムが恐ろしく長く感じる。 とりあえず、よほどのモンスター好きでなければ オススメ出来ませんです。 ところで。 製作総指揮の「サミュエル・Z・アーコフ」という名に なんか見覚えがあるな…と思ってクリックしてみたら、 「巨大生物の島」、「ドクター・モローの島」、 「X線の目を持つ男」、「悪魔の棲む家」… 出るわ出るわ、50'~70's B級迷画の数々。 なんとも、由緒正しい”B”の血統。 ある程度、しょーもないのは止むなしという事か。

  • tit********

    2.0

    人魚の呪いをかけられて

    本日は携帯からレビューをお送りしております。 さてディズニーの人魚映画「スプラッシュ」と一緒にこの映画のDVDを購入しました。 「スプラッシュ」は愛と夢と笑いに満ちた人魚映画だったのですが… こちらは全然別物でした…人魚だけにギョッとなりました。 出て来る人魚を演じている女優さんは綺麗でしたが怖かった…人魚だけにギョッとなりました。 最後には完全なモンスターに変身して気持ち悪かった!人魚だけにギョッとなりました。 要するにモンスターホラーでした…夢のある人魚を楽しみにしてたので人魚だけにギョッとなりました。 ってタイトル見返したら人喰いとか最初から書いてあるじゃん!! DVDジャケットの裏にはモンスターの写真も載ってるじゃん!! それもこのモンスター制作したのは「エイリアン2」「ターミネーター」「プレデター」「ジュラシックパーク」を手がけた特殊メイクの鉄人スタン・ウィンストンて書いてあるじゃん!! まったく気付きませんでしたよ~(汗)人魚だけにギョッとなりました。 決して私はホラー映画やモンスター映画が好きな訳じゃないので誤解しないで下さいね! この映画の人魚モンスター見て「オオ!人魚が半魚人になった♪」とか喜んでないし、このモンスターのフィギュア発売されてないのか?と調べたりしてませんからね! … … … ゴメンなさい… 私ウソついていました…ホラー映画もモンスター映画も大好きです… B級ホラー大好きです……ってミンナ知ってた!? 何で知ってるの!? その事が人魚だけに一番ギョッとなりましたよ! という訳で… この人魚モンスターのフィギュアをどこか発売してくれ~!! ウチの半魚人フィギュアと結婚させてくれ~!!人魚だけにギョッとしてギュッとさせてくれ~!! …あまり私の事を気持ち悪い奴だと思わないで下さいね…人魚だけに話半分で聞いてやって下さいね…

  • hxd********

    1.0

    超ガッカリ・・・

    人を襲う人魚をどう映像化するか期待してたのに・・・。あまりにも適当すぎます!つまらなすぎでした!!お勧めできません!!

1 ページ/1 ページ中