クモ男の復讐

EARTH VS. THE SPIDER

90
クモ男の復讐
2.2

/ 13

15%
0%
8%
38%
38%
作品情報上映スケジュールレビュー

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(5件)

不気味33.3%パニック22.2%恐怖22.2%悲しい11.1%勇敢11.1%

  • mr_********

    2.0

    リアルすぎる残念なスパイダーマン・・・。

    この映画が21世紀に作られたことにまず驚いた!(ギリ2001年だが) まるで昔のアメリカで大量に作られたB級、C級のホラー映画の焼き直しにしか思えない最低の出来栄えだからだ。 違いはフィルムが白黒からカラーになったぐらいか・・・。 すでに16年ほど経ってはいるが、サム・ライミ監督の「スパイダーマン」が一年後の2002年度制作であることを考えれば、予算額が違うとはいえそのレベルの低さは比べようもない。 さえない警備員の若者が悪人を倒すためにクモの強靭な攻撃力?を抽出したエキスを自分に注射すると、期待通り超人的なパワーを手にする。 しかし、副作用があって、徐々にクモの怪物に変身してしまう。 ここら辺りは、クモに噛まれただけで手首から糸を出して、空を飛び回る超人になる「スパイダーマン」よりは現実的だと思う。 変身後の怪物はなかなかの造形で期待したのだがすぐ死んでしまうのでもったいなかった。 唯一の有名俳優のダン・エクロイドもどうでもよい役でほとんどヤル気なし。 DVDの特典をみると、1950,60年代に作られたB級ホラー映画をリメイクするクリーチャー・フィーチャーという会社があるそうで、そこの作品のようだ。 それにしても、現代の観客が納得できるような工夫もアイデアも無いのではいずれ飽きられてしまうだろう。 会社、もう倒産したのかな・・・。 そういえばダークキャッスルという「13ゴースト」とか「ゴーストシップ」とかの傑作ホラー映画をリリースしていた会社があったが今はどうなったのだろうか・・・。 この映画は観るべきものはほとんどないので、もの好きな方以外にはオススメできません。

  • mal********

    2.0

    簡単にヒーローにはなれません。

    気弱というか気の優しい若者がクモの体液の注射して、超人的なパワーを得るというストーリー。 これだけだと「スパイダーマン」と大して変わらない展開ですが、この若者、その超人的パワーを得るまではよかったけど、それを制御することができず、悪者退治だけに収まらず、一般人までも犠牲者に選んでしまうという困り者。そうなると警察も捜査に乗り出すんですが、そこがB級映画の厳しい現実で、すべての出来事が半径50m以内の出来事のようなチープさで終始し、刑事に扮したダン・エイクロイド(身体がマシュマロマン状態になっています)の妙に真面目な演技さえ、浮いてるように感じるのは残念でした。 ただ、特殊効果担当がサム・ウィンストンなので、変貌を遂げるクモ男の最終型のグロテスクさだけはやけに念入りで迫力があります(というか、製作予算のほとんどはここに費やされたみたいです)。なので、その筋のホラー映画ファンの方は楽しめるんじゃないでしょうか?

  • マッチー

    3.0

    もう1人のスパイダーマン?

    コミックのヒーローに憧れを抱いているような、 内気青年クエンティン(デヴォン・ガマーソール)は、 とある研究室で清掃員の仕事をしていました。 ある日、その研究成果を狙った賊が侵入し、同僚を殺してしまいます。 仲間を助けられなかったことを新聞記者から詰られて、悔しさでいっぱいになった時、 『ある血清』が目に入ります。 それこそ、賊が狙っていた研究結果である 『人間の能力を増強させる血清』だったのです。 日頃からヒーローに憧れているだけあって、そんな怪しいモノでも、 躊躇わずに自らの体内に注入してしまいます。 その夜から彼の肉体に変化が始まり、まんまと超人的な力と能力を手にしちゃいます。 アパートの隣の部屋に住んでいる看護婦ステファニー(アメリア・ハインル)の危機も 救い出し、彼女といい仲になったりします。 ここまで見ると、サム・ライミ監督の『スパイダーマン』にそっくりですが、 実は、1958年製作の『Earth vs The Spider』という映画がモチーフだったりします。 そんなワケで、こっから路線がグ~ッと逸れて、ホラー方面に向かいます。 体の変化が止まらずに、どっちかというと『ザ・フライ』(1986年アメリカ)に 近づいていく感じです。 理性も失われ、見も心も怪物化していくクエンティンの運命は? 刑事役にコメディでは大御所のダン・エイクロイドが出演しています。 (ホラーでは『トワイライトゾーン/超次元の体験』(1983年アメリカ)以来?) かなり、太っちゃってます^^; 作品自体は、残念なくらいのB級映画で、 分かりきって観る分にはガッカリしない程度といった感じです。 アメリカでハロウィンの日に、1日中流されるホラー映画のウチの1本っていうような、 軽めの作品です。

  • miy********

    2.0

    アンチ「スパイダーマン」

    小数点付きの点数なら2.5点ぐらいか。 冒頭は「スパイダーマン」のネタと同じく、弱い自分に嫌気がさしていた主人公が、極秘研究のクモの体液を自分に注入し、超人的力を得てスーパーヒーローとしての活躍を見出そうとする。 が、クモ自体の生態の悪い面(凶暴性、食欲旺盛)の面が徐々に現れ、その姿や心さえもクモのように変化していく。 B級作品であるが、映像はB級らしさ振りまくオーソドックスなものの、なかなか頑張っている方だと思う。 ただ、格好良くないのが、蜘蛛の糸を出す所が手首ではなく、胸からという、ちょっと情けない姿になる。 「スパイダーマン」のように、ヒーローとしては現実上手くいかないよ、と反面的な作品だが、その人気に便乗した作品のイメージは拭えない。 この映画のストーリーは結構好きな方なのだが、特に特長のあるストーリーでもなく、あまり面白味はなかった。

  • mog********

    5.0

    頭が

    久しぶりにダン・エイクロイドの作品を見たんだけど頭がはげていてなんか悲しかった。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
クモ男の復讐

原題
EARTH VS. THE SPIDER

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-