ここから本文です

雪の女王 (1957)

СНЕЖНАЯ КОРОЛЕВА/THE SNOW QUEEN

監督
レフ・アタマーノフ
  • みたいムービー 50
  • みたログ 104

4.00 / 評価:24件

氷も溶かす勢いの冒険活劇

  • すかあふえいす さん
  • 2016年8月26日 12時45分
  • 閲覧数 378
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

氷も溶かす勢いのファンタジックな冒険活劇。

本の中からよじ登り出てくる老人、二本の傘を携え、老人の回想形式?で物語は始まる。

傘のパラシュート、アンデルセンの像にご挨拶、模様の入った白い傘を開くと港街に画面は移る。

紳士が傘を持つのは雨を避けて幼い男女の邪魔をしないため、窓に橋をかけて植物で彩る、赤い薔薇と白い薔薇、主人公のゲルダとヒロインのカイル。

雨、雪、冬、荒れ狂う海から出現する白き城、そこに君臨する雪の女王。氷のようにお堅そうな面をしてやがる。
噂をすれば何とやらで鏡から感じる視線。奔る亀裂と舞い上がる結晶は嵐となって幼い瞳に襲いかかる。

凍り付く窓・奪われるもの…まったくなんて迷惑な女だ。
天然のスキー場に荒々しく登場する女王、ダイナミック人さらい、すべてを凍てつかす女もいれば、子を命がけでかばう母親もいる。

黒い傘は夜空になって消える。
赤い靴を追う内に思わぬ旅立ちと出会い、薔薇園の老婦人と小さな衛兵、愛する者を求めて裸足で果てしない荒野へと飛び出していく。

海辺の鳥と喋る親切なカラスたち、庭園を照らす花火、甲冑の騎士も飾り、足跡、物々しい足音を立てて見回る警備(何故気づかない)、さっきから衛兵が仕事しねえ・させてもらえない。蝋燭の面白い付け方、幼い王子と姫。

馬車と山賊と血気盛んな娘、山賊は歌い馬車はつっ走る!
とうとう鳩やトナカイまで喋りはじめる、ツンデレ、太もも、トナカイの疾走、涙を流しながら捉えていたロープを切る様・寂しさが切ない。本当に欲しかったもの、氷を割りながら、魚、手紙、蘇る精気と氷上のダンス!

そして迎える春の訪れ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
  • ロマンチック
  • 不思議
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 切ない
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ