ここから本文です

ディレイルド 暴走超特急 (2002)

DERAILED/TERROR TRAIN

監督
ボブ・ミシオロウスキー
  • みたいムービー 7
  • みたログ 180

2.41 / 評価:90件

それで終わりかい!

  • kot******** さん
  • 2016年4月6日 3時53分
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

初めて投稿させてもらいます。
テレビ東京の午後のロードショーで見ました。
普段はこういうの見ないのですがタイトルが気になったので

まあこの作品は正直オチがダメダメ
中身のつたなさ+最後ダメダメで科捜研の女の再放送見ればよかったと後悔しています。
最初の盛り上げ方はかなり良かったです。
天然痘のウイルスがばら撒かれるところまで、
これからどうなるのか、テロリストも主人公もヤバイじゃん

そして、ここからが問題です。
まず天然痘のウイルスを間違えて触った女テロリストがテロリストのボスに殺されるわけですが
これいるのか?論理性が見えません。
天然痘を触ったから殺したのかと問われると触ったやつにワクチン作れるから大丈夫だみたいなこと言ってるし
ウイルスのビン割ったから殺したのか
結局目の前で銃で殺してしまいます。
まあ途中で仲間がどんどんやられて人員不足になりますので
凶悪なテロリストで頭もキレる割にはバカだなって感じ
ボスというほど大物感は出てません
なので余裕で勝てる雰囲気あります。

そしてこの天然痘のウイルスは客室にも蔓延するのだが
オチいうと全員助かっちゃう、ウイルス感染しといて死者0ってwwww
そんな化学兵器はテロに使えません。
+主人公の子供が活躍するシーン、個人的にはすごい盛り上がってきたーーー!!って思ったけど客観的に見ればあんた病気だぜっていう話
だから途中で全員助かるってわかります。

まあその全員助かる+黒幕(あんまり出てない)逮捕で幕を閉じるわけだが…

ストーリー展開で家族に浮気と勘違いされる描写があるので
この最後のストーリーは違うと思います。
家族全員生き残れたことで家族の絆が深まる方向に持っていくのが自然ですし
死んだと思った息子を見つけたときにピンチとはいえあっさりしすぎです。

少し派手なアクションと荒削りのCG模型背景
はっきり言えば見る価値のない作品でした。
それに加え暴走列車がタイトルにありながら列車である必要が最後のクライマックスにしかありません。途中もスピードはあまり出ていません。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • パニック
  • 恐怖
  • セクシー
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ