ここから本文です

ハンテッド (2003)

THE HUNTED

監督
ウィリアム・フリードキン
  • みたいムービー 20
  • みたログ 525

3.12 / 評価:121件

トミー・リー・デル・トロ

  • 三流映画ファン さん
  • 2010年8月24日 6時43分
  • 閲覧数 954
  • 役立ち度 13
    • 総合評価
    • ★★★★★

追うトミー・リー・ジョーンズに、逃げるベニチオ・デル・トロ。
何とも見応えのあるキャスティングなのに、見ようと思っていて見逃していた作品でした。
見逃して既に5年以上経ってますが(苦笑)
年に何百、何千(そこまでではない?)と言う映画が作られている現状、どうしても見たいと思っていた映画も記憶の角に追いやられ、レンタル屋さんの棚からもいつの間にか消えていることがしばしば・・・この映画は1個だけあって良かった~。


まず、逃げる立場になるのが、やさぐれブラピ・・・じゃなかったw・・・ベニチオ・デル・トロ演じるハラム。
ハラムは連続殺人犯。
元特殊部隊の兵士で、コソヴォ紛争に参加し精神を病んでしまった末に帰国後殺人鬼と化してしまったようだ・・・。
ハラムは兵士の中でも1、2を争うほどの優秀な兵士だったようで、最前線で戦った彼だからこそ・・・あまりに悲惨な戦争を目の当たりにして精神を病んでしまったようですね。
当然平和ボケしてしまっている私等では、その精神状況は察しがつきません・・・。
漠然と、戦争/戦場とは恐ろしいものであるのだろうとしか言えないのがもどかしい^^;

そのハラムは、大半のシーンが無表情で無感情。
何かに取り付かれたかのように、狂人となってしまったのか?
まるで殺人マシーン、殺人ロボット。
戦争に送り出すために教育した殺人マシーンは、母国に帰って来たら心を戻すのが大変と劇中ハラムの師匠のL.T.も言っていましたが、まさしくそうなんでしょうね・・・。
ただハラムは、鹿を罠にかけてハントしに来たハンターだけを狙ったように、無差別的に殺しを働いた訳ではないのがまだ救いか。
銃を持ったハンターと、コソヴォ紛争の相手兵士がダブって見えたのでしょう・・・。
戦争は、戦争後も後遺症を残すほど凄惨なものなんでしょうね><

とにかく、精神を病んだまるでマシーンのような殺人鬼を、さすがベニチオ・デル・トロと言った演技で見せてくれました!!
この映画、地味なのは殺人鬼でも銃関係は一切使わないこと。
追うトミー・リーに逃げるデル・トロ・・・すべて素手かナイフのみで格闘(笑)
FBIのみ銃で攻撃しますが、当然弾は当たりませんw
でも銃を使わないことに説得力はあります!
戦闘の仕方を教えたトミー・リーも、戦場で戦ったデル・トロも、実際銃の戦闘はしてないので、使えない?のは当然・・・・ご都合主義のハリウッド映画と違ってある意味潔い!
その分だけ地味になってしまった感は否めないのですが、こう言ったこだわりは好きです^^

追う立場になるのはトミー・リー・ジョーンズが演じるL.T.
数々の映画で追う立場を演じてきたので、トミー・リーはこの手の役はお手のものですね^^
なんとなく最後は捕まえてくれそう☆
何ででしょうね・・・トミー・リーが演じると、全てにおいて説得力のあるセリフに聞こえてしまうから不思議です。

そのトミー・リーが演じるL.T.は、ハラムの兵士訓練所時代の師匠。
ハラムに戦闘とは何たるかを全て叩き込んだ、劇中でもハラムが語っていた通り第二の父親と言って過言ではない存在。
そんなL.T.は、FBIに協力を要請されてハラムを追うことになります。
当然ハラムは、たとえサバイバルナイフ一本でも向かうところ敵なしの強さ!
ありえないぐらいに強すぎて、思わず突っ込むこと間違いなしw
と言うか、この手の映画にありがちな警察のだらしなさがなんとも・・・。
追われるハラムは、追ってくるFBIの捜査官を次々と殺害・・・う~んデル・トロ・・・強すぎる。。。

そんなこんなで、心を戻すことは困難な状況になったからには、L.T.がハラムと決着をつけるしかない!
最後はお互いナイフ一本でサバイバルバトル!
見た目は地味なんですがね(笑)
息を飲む決戦・・・まあ結局は師匠が勝つんですが、ぶっちゃけトミー・リーにアクションの切れはなく、どう考えてもデル・トロが勝ちそうなものですが、そこはご愛嬌と言うことで・・・いや、あれだけ強かったハラムが急に弱すぎて、ありえなさすぎですね^^;

ハラムは元々は冷酷な人間ではなかった・・・。
戦争が彼のような人間を作り上げてしまったんですよね。
彼のような人間を作り上げてしまったL.T.が、自ら終息させるしかなかったのは必然だったのでしょう。
CG無しの肉弾戦、地味ですが迫力満点でした☆

(追記)
FBI捜査官を演じたコニー・ニールセンが、なぜか時々ダイアン・レインに見えました。。。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不気味
  • 勇敢
  • 切ない
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ