ここから本文です

バリスティック (2002)

BALLISTIC: ECKS VS. SEVER

監督
カオス
  • みたいムービー 36
  • みたログ 450

2.66 / 評価:107件

殺し屋じゃない……母親さ!

テレビ東京『午後のロードショー』で鑑賞!
2021年3月8日(月)放送!

アントニオ・バンデラスとルーシー・リュー!
あまり見たことのないような共演!
何だか珍しい!
そんな感じがしました!

アントニオ・バンデラスは、ジェルマイア(ジェレミー)・エクス!
元FBIの凄腕捜査官だが、目の前で妻ヴィンが爆発に巻き込まれて死んでから7年、酒浸りの日日を送っている!
しかしある日、FBIのフリオ・マーティン副長官から、実はヴィンは生きており、その居場所を教えることと引き換えに、ある任務を依頼される!

ルーシー・リューは、シーバー!
元DIAの捜査官だが、中国の一人っ子政策によってDIAに引き取られ、幼少の頃から殺戮のプロとなるべく特殊訓練を受けている!
中国の一人っ子政策は本当にあったことで、一組の夫婦に子どもは1人しか育てられなかったので、家を継ぐ男の子を欲しがる人が多いから、女の子が生まれたら……という噂はオイラも聞いたことはあるけど、まさかアメリカ政府の組織が引き取って殺人マシーンに育て上げていたなんてのは、……フィクションだよね?!
DIAとは、アメリカ国防情報局のことで、アメリカ国防総省の諜報機関だって!

シーバーはDIA長官ガントの息子マイケルを誘拐!
エクスへの依頼は、その捜査だったが、ヴィンはガントの妻となっており、マイケルの母親だった!
シーバーは、ガントに子どもを殺されており、その復讐の為にマイケルを誘拐し、ガントの命を狙っていた!

エクスとシーバーは、ガントが共通の敵であると知り、共闘してガントとDIAに立ち向かう!

エクスがショットガンの名手ということと、シーバーがマシンガンや爆破物の扱いに長けているということで、最終決戦では、それらを駆使して、DIAの特殊部隊を殲滅する!

こうやってまとめて見ると、うん、自分でも整理できて、なかなか面白いじゃん!って感じになって来た!

家族は大切に!

大事なことは、映画が教えてくれる!
映画って素晴らしい!

そいつぁよかった!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • スペクタクル
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ