ここから本文です

ハウルの動く城 (2004)

HOWL'S MOVING CASTLE

監督
宮崎駿
  • みたいムービー 253
  • みたログ 1.9万

3.79 / 評価:4335件

最後の典型的宮崎映画

  • gig***** さん
  • 2018年8月30日 1時27分
  • 閲覧数 1627
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

本作を最後に晩年の宮崎さんは作風がかわっていったと思っています。「ハウル」までは、全作が静かさとアクションをとりまぜて最後のカタルシスまでもっていってくれる傑作で、本当にすごい監督だと思います。宮崎さんは脚本なしで制作に入りコンテを書きながら演出していくそうですが、裏話をきくと、どうにもならなくなってプロデューサーの鈴木敏夫にアドバイスされてある洋画をヒントに話をまとめたりと、すごい監督でも映画は一人ではできないんだなとわかります。それでもやはり「ハウル」は話をひろげすぎて最後があたふたとして、すこし混乱した感じが出ていたと思いますが、それ以外ではいつもどおりの素晴らしい想像力や独創性があったと思います。日本人はむかし家族を単位に生きていたと思うのですが、これはあたらしい家族の形の提案ではないかと感じました。ところがこの要素は前述のように鈴木敏夫の助け船だったんですね。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 楽しい
  • ファンタジー
  • スペクタクル
  • ロマンチック
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ