ここから本文です
【お知らせ】映画館の上映スケジュールについて、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響により、実際の上映時間と異なる可能性があります。ご不明な場合は、各劇場にお問い合わせくださいませ。

めぐりあう時間たち (2002)

THE HOURS

監督
スティーヴン・ダルドリー
  • みたいムービー 300
  • みたログ 3,265

3.73 / 評価:926件

もう一度 みれないでいる

  • kuj***** さん
  • 2019年6月12日 0時59分
  • 閲覧数 2179
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

公開当時、映画館で見たが
今でも、忘れられないでいる。
私は一体、ダレのために泣いたのか。

映画が始まって5分後には、泣いていました。
涙は止まることなく、溢れ続け、押さえても嗚咽がもれ、
最後まで、頬がぬれたままで
映画館を出るころには、一晩泣き明かしたかのように
目が腫れてしまって、こそこそと隠れるように映画館を後に。

なにが、こんな風にさせたのかと
ずっとずっと、この映画を忘れられずにいます。
もう一度、見れば、わかるかも知れない、と思うが、また同じようになるのではないかと、恐ろしくて見れないでいる。

でも、ふと、
私は、精神を病んだ母の、または「お父さんみたいな人と結婚しなさい。お父さんは私には冷たいけど、あなた達こどもには優しいから」と微笑んだ母の人生のために泣いたのかもしれない、

私は、幾らかのゲイの友人のために泣いたのかも知れない
私はその時には「いつか訪れるかもしれない」ものだった 今の私のこの暮らしのために
泣いたのかも知れない。
若い私に向かって言った母の言葉の通りの この暮らしのために。
と、最近思ったのです

相変わらず謎ですが。
もう一度は、勇気がなくて見れないので
私が映画の本当の意味や、本質を理解してない可能性は大ですね。
ただただ、驚くほど涙があふれ
止まらなかったのです。
理由はわかりません。
レビューはだから、推測です

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • 知的
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ