アバウト・シュミット
3.7

/ 392

22%
36%
33%
6%
3%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(131件)

切ない25.2%泣ける16.9%笑える15.2%コミカル13.8%悲しい9.0%

  • ech********

    5.0

    ジャックの旦那の力技

    よい映画というのは普通、監督、脚本、音楽、などが上手く連動して初めて成立するものですが、 この作品は監督や脚本も勿論いいんでしょうが、それらを遥かに凌駕するジャックの旦那の圧倒的存在感が全てを支配しています。描かれていないお父さんの過去まで鮮明に想像できるような演技は稀少です。これができるのはストリープ選手くらいですね。 ただ、あまりにも旦那が凄すぎるので4.5点でしたが、最後泣きそうになったので5点です。

  • hik********

    1.0

    映画史に残る衝撃のサービスカット。

    もうキャシー・ベイツの例のシーンしか印象に残らない。

  • mas********

    4.0

    ジャックニコルソンの演技が光る

    なんといってもジャックニコルソンの演技が光る映画。 彼の心情が手に取るようにわかり共感を持ってみました。

  • yok********

    5.0

    リアル過ぎて・・・。

    ジャック・ニコルソンだから笑える。なんか不謹慎かもしれないけど、娘に対する主人公の気持ちが今の秋篠宮殿下のお心と重なってしまいました。

  • レオン

    5.0

    苦痛でしかない人生100年

    何十年ぶりに見たら、主人公に年齢が近くなってて じーんときてしまった。保険会社の仕事してるだけあって、妻が先に死んだ場合の夫の余命を計算するとことか可笑しかった。何処にでもいそうな定年退職した初老の男が、こんなにキュートで、愛おしいく感じたのは、やはりジャック、二コルソンの演技力なのだ。悲しい話なんだけども、どこか笑える、優しい感覚。悪い人は一人もでてこない。 それでも最後に、これからの人生になんの目的もみい出せないと思っていたシュミットに、タンザニアの養子という希望ができて、自分のことのように、嬉しかった。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


受賞歴

LA批評家協会賞第28回

作品賞男優賞脚本賞

ゴールデン・グローブ第60回

男優賞(ドラマ)脚本賞

基本情報


タイトル
アバウト・シュミット

原題
ABOUT SCHMIDT

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-