レビュー一覧に戻る
アバウト・シュミット

レオン

5.0

苦痛でしかない人生100年

何十年ぶりに見たら、主人公に年齢が近くなってて じーんときてしまった。保険会社の仕事してるだけあって、妻が先に死んだ場合の夫の余命を計算するとことか可笑しかった。何処にでもいそうな定年退職した初老の男が、こんなにキュートで、愛おしいく感じたのは、やはりジャック、二コルソンの演技力なのだ。悲しい話なんだけども、どこか笑える、優しい感覚。悪い人は一人もでてこない。 それでも最後に、これからの人生になんの目的もみい出せないと思っていたシュミットに、タンザニアの養子という希望ができて、自分のことのように、嬉しかった。

閲覧数798