レビュー一覧に戻る
パンチドランク・ラブ

パンチドランク・ラブ

PUNCH-DRUNK LOVE

95

ヴァイス

3.0

ネタバレ薄い

最新作のInherent Viceまでの中で、一番最後に観たポールトーマスアンダーソン監督の映画です。 恋愛映画?なんだけど、2人の間に立ちはだかるべき感情の壁がない。 テレクラの恐喝事件は、恋愛としての壁とは違います。 そこがどうにも腑に落ちない。 一目惚れってに深い理由など必要ないといえばそれまでだけど、 そこはちゃんと理由が欲しかったし、2人の仲が引き裂かれそうになるような展開もあんまり伝わらない。 なんかちょっとボタンが掛け違えちゃってる気がする映画だった。 あんまり笑えないし… ただ、エミリー・ワトソンは良かったです。 全体の雰囲気は悪く無いので、まあ2点ってところかな…

閲覧数854