ここから本文です

エクスカリバー (1997)

PRINCE VALIANT

監督
アンソニー・ヒコックス
  • みたいムービー 6
  • みたログ 25

3.83 / 評価:6件

ハル・フォスターの人気コミックの映画化!

  • hoshi595 さん
  • 2010年2月25日 20時01分
  • 閲覧数 404
  • 役立ち度 8
    • 総合評価
    • ★★★★★

『エクスカリバー』とはアーサー王物語に登場する剣の名前で
これまで、数々の映画やTVドラマに登場しているので、
一度は耳にした事がある筈である。

物語は、すでにアーサー王統治が長いキャメロン城で開催された
武術大会の日、エクスカリバーがヴァイキングの手により盗まれ
てしまい、奪還すべく冒険活劇が始まる。

主役は、TV中心に活躍していたスティーヴン・モイヤーで
本作品が映画初出演ながら主役に抜擢された。そして相手役の
アイリーン姫には、TVシリーズ『ロズウェル/星の恋人たち』の
イザベル役で日本でもお馴染みのキャサリン・ハイグルが好演。

監督は、スティーヴン・セガール沈黙シリーズ「沈黙の追撃」を
手掛けたアンソニー・ヒコックスが共同脚本も担当している。

伝説のエクスカリバーは、岩に刺さった剣を引き抜く者が王になる
と言われていたが、15歳のアーサー王子が引き抜きアーサー王の
誕生になったとされる。しかし、その後騎士道に反した使い方を
した為折れてしまい、魔法使いマーリンが新たな剣を用意した説も
ある。

本作品でも『マーリンの書』が出てくるが、このマーリンも有名で
イギリスの人気ドラマ『魔術師MERLIN』など主役で扱われる
事もある。

原作は、ハル・フォスターの『PRINCE VALIANT』で
バリアント王子が主役の冒険物語になっている。全世界100カ国
で読まれた人気コミックの映画化で、劇中もオリジナルのアニメ画像
が挿入され趣を新たにしている。

共演陣も豪華で、アーサー王には「ジャッカルの日」のエドワード・
フォックス。「戦場のピアニスト」でドイツ将校を好演のトーマス・
クレッチマン。「ヘルボーイ」のロン・パールマン。そして、
「スターウォーズ/ジェダイの復讐」のイウォークのウィケット役が
デビューとなったワーウィック・デイビシなど芸達者で多彩な登場
人物が物語に厚みを加えている。

冒険物語としては、良く出来た娯楽大作で見て損のない映画と言える。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • ロマンチック
  • 不気味
  • 勇敢
  • 知的
  • かわいい
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ