ピノキオ ニュー・アドベンチャー

THE NEW ADVENTURES OF PINOCCHIO

88
ピノキオ ニュー・アドベンチャー
3.0

/ 5

20%
0%
40%
40%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(2件)

ファンタジー18.2%かわいい18.2%笑える18.2%楽しい18.2%勇敢9.1%

  • 花かつみ

    5.0

    ネタバレピノキオの続編(本当の姿って何?)

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kak********

    2.0

    人間の少年になったピノキオの新たなる冒険

    「ピノキオ」と言えば1940年のディズニー・アニメが あまりにも有名である。主題歌の”星に願いを”も 世界中の人に愛されている。 原作はイタリアの児童小説『ピノッキオの冒険』で 作者はカルロ・コロディ。アメリカのディズニー版で 英語読みになり、主人公は”ピノキオ”と呼ばれる ようになった。 本作品は、原作を基に1996年にスティーヴン・バロン 監督が手掛けた「ピノキオ」の続編となる。 木彫りの人形から人間の少年になったピノキオの後日 談となれば興味深いが、スケールは小さくなり感動の 場面も少ないので過度の期待は禁物である。 主演は、「エド・ウッド」でアカデミー賞助演男優賞 受賞のマーティン・ランドーがゼペットおじいさん役。 「X-ファイル ザ・ムービー」でもカーツウェル役 を好演の名優。 ピノキオ役には、「スターリングラード」で子役ながら 重要な役をこなしたガブリエル・トムソン。そして敵役 マダム・フランボウに「サスペリア」のDrフランク・ マンデル役などホラーや怪奇物で名高いウド・キアー。 物語は、”今度はおじいさんがXXに?!”と言う筋書き。 一応子供向けなのだろうが、ディズニー版のように情操教育 には役立ちそうもない。 見所は、人形の表情だったり、猫顔のサラ・アレクサンダー が脇役ながら熱演だったりと、本筋以外が目立つ有様。 監督は、「八十日間世界一周」やリチャード・ハリス主演 「オルカ」などで知られるマイケル・アンダーソン。 観終わって印象に残ったのは、ブルー・フェアリー(青い妖精) を演じたジェマ・グレゴリーの”国民的美少女”風の端正な顔 と言った具合で、やや中途半端な出来と言える。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ピノキオ ニュー・アドベンチャー

原題
THE NEW ADVENTURES OF PINOCCHIO

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-