ここから本文です

青の炎 (2003)

監督
蜷川幸雄
  • みたいムービー 338
  • みたログ 2,633

4.23 / 評価:1,213件

配役があまり合ってなかった印象。

  • hrx***** さん
  • 2017年10月30日 2時34分
  • 閲覧数 2840
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

原作を読んだ印象、養父は別室に篭って酒飲んで、元妻とヤってるだけなのに何でこの子はこんな短期間でこんな殺気立ってんだと思った。数年に渡る鬱積や極度のマザコンや童貞・小中学生ならまだ解るのだがそうでもないしすこぶる頭の良い子なのに。しかし心情と天候や土地柄の描写の対比はとても素敵だなぁと思いました。
映画は山本寛斎のビジュアルが上品過ぎて憎みきれない。二宮くんが小さすぎる。もう少しガタイや顎の骨格のしっかりした男子だったら頭の良さも滲み出たんでないかと思うけどスポンサーの兼ね合いとかあるのかな…。
小さい男子はまあ処世術なんだろうけど何か落ち着きがなかったり無駄に生意気だったり太鼓持ちだったり内向的だったりコンプレックスが強すぎて、しっかりした印象が出づらい気がする。体が小さいのでロードレーサーに乗ってる画ヅラもあんまりかっこ良くなくて残念でした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ