ここから本文です

女はバス停で服を着替えた (2002)

監督
小沼勝
  • みたいムービー 5
  • みたログ 11

2.33 / 評価:3件

大自然と善人のなかにある男女の自責の愛

  • le_***** さん
  • 2013年4月28日 16時58分
  • 閲覧数 1375
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

監督:小沼勝、脚本:長谷川弓子、安倍照男、村上修、音楽:西岡俊明、主演:戸田菜穂、遠藤憲一、2002年、99分。

まだまだ自然の残る北海道鹿追町が舞台。製作には鹿追町が全面的に協力している。

若草色のコートを羽織った一人の女、瑞枝(みずえ、戸田菜穂)がバスを降りる。彼女は、交通事故で死んだ夫・匡(ただし)の兄、充(みつる遠藤憲一)の会いに、東京から突然やってきたのだった。二人は東京で、サルサにコンテストに出て、賞までもらったことがあった。

充は東京での生活を捨て、蕎麦職人として人生を再スタートするべく、故郷の鹿追に戻ってきたところであった。……

冒頭にセピアカラーで、馬の世話をする神田日勝の姿が描かれる。彼は実在した画家である。東京大空襲を受け、家族でこの地の逃れてきたのであった。兄に替わり、自分が親の跡をついで農業を受け継ぎ、同時に馬の絵を描き、いくつかの賞も受けたが早逝している。彼を記念する美術館も、何度か出てくる。
その息子たちが、充兄弟という設定だ。

充と瑞枝には、消しにくい過去があり、匡の事故死について、自責の念を忘れられずにいた。
この心理的モチーフを軸に、鹿追町のさまざまな人々、充の幼友達(モロ師岡)、その友人が40歳を過ぎて初めて結婚する話や、その結婚相手の床屋の婦人(片桐夕子)とその娘(中村麻美、なかむら・まみ)、その娘と仲良くなる乗馬場の研修生、充が師匠と仰ぐ農家の老人(北村和夫)とのエピソードを絡ませながら、ストーリーはゆっくり展開していく。

友人の結婚パーティで、充と瑞枝がサルサを踊るクライマックスに向けて、充と瑞枝の恋の駆け引きが、行きつ戻りつしながら進んでいく。

小沼勝(まさる)は日活ロマンポルノ出身の監督であり、今のところ、この作品が最新作である。片桐夕子はもうおばさんであるが、これも元々日活ロマンポルノの女優である。

ポルノ出身の監督や女優は、演技がうまい。セイフ回しやきめ細やかな表情を必要とするシチュエーションやそういうキャラクターの役柄は難しいが、画面上の存在感は確かである。監督も濡れ場を撮る回数が多くなるせいか、カメラワークや演出は鍛えられている人が多い。
少し前に亡くなった若松孝二より、小沼のほうが絵が華やかであくどくない。

タイトルのようなシーンは映画にはないが、あたかもそうであるかのように、戸田菜穂は常に官能的に映され、監督の底力が発揮されている。

アパートのへや、そこは充のへやであったが、突然瑞枝が出てきたので、瑞枝をそこに数日住まわせるのだが、そのへやで、二人が向かい合ううち、充が瑞枝の乳房を、セーターの上から、その下から手を入れて揉む。エロティックなシーンはそこだけで、瑞枝が鹿追に来てから帰るまで、充と瑞枝は一度も閨房を共にしない。

友人は結婚し、床屋の娘は研修生と恋仲になる一方で、瑞枝は鹿追を後にする。最後に抱擁するのが、神田日勝記念美術館の彼の遺作の前であった。この、後ろ足を欠いた馬の絵も、二人の前途を表わすメタファーになっているようだ。

長さも99分と見やすく、小品ではあるが、大上段に振りかざさない節度がいい。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ