レビュー一覧に戻る
恋愛寫眞 Collage of Our Life

oir********

4.0

終盤から引き込まれじんわり静かな感動へと

序盤は映像や演出的に一昔二昔前の雰囲気を強く感じ、どうと言うこともなくぼんやり見ていた。 しかし、ニューヨークの広末涼子に会うため松田龍平が渡米し、様々なトラブルに遭遇しつつも自己を確立し始めるあたりから「おやっ!?・・」と興味深くなる。 それは以前に観た似たようなプロットの映画をを思い出したからでもあるが、それが「ただ、君を愛している」と程なく気付く。 ※視聴後に調べたら同じ原作者のコラボ企画とのこと。 広末失踪の謎解きストーリーはちゃちいと言えばちゃちいが、そのキッチュさが奇妙にマッチング。 〝悲劇からの希望”というエンドが予想外に「おおっ・・・」という小さな感動を呼び覚ましてくれた。 最初はとてもベストカップルとは見えなかったけれど、広末と松田の容貌の相似性が終盤になって大きな意味をもたらした要因かもしれないなと個人的に思われた。 その「容貌相似性効果」を狙ってのキャスティングだったのだとしたら、監督の眼力も凄いんじゃないかなと感心してしまったよ。的外れかもしれないが笑 3.8の四つ星

閲覧数1,298