ここから本文です

わたしのグランパ (2003)

MY GRANDPA TAUGHT ME A LOT ABOUT LIFE

監督
東陽一
  • みたいムービー 24
  • みたログ 355

3.20 / 評価:101件

何が言いたいかは今ひとつ分からんが。

  • shp***** さん
  • 2014年12月25日 19時17分
  • 閲覧数 1401
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

...............................................................................................................................................
中学生・石原さとみの祖父の菅原が刑務所から出所して来た。
義理人情の男で、親友を殺された復讐でヤクザを殺したのだった。

人間としては素晴らしいので、良い影響を色々及ぼす。
石原はいじめられなくなり、石原の両親も仲良くなる。
さらには不良少年らを改心させる。

菅原はヤクザらから2億円くらい奪っていた。
菅原の出所を知ってそいつらが石原を誘拐する。
その代わり金を持って来いと菅原を脅す。

菅原は不良少年らと共に機関銃を持って登場し、
ヤクザの組長の娘を逆誘拐して交換することで丸く収まった。

しかし間もなく溺れていた子供を助けようと川に飛び込み死亡。
...............................................................................................................................................

菅原文太という俳優の魅力を見せるための映画と言うべき映画。
だって、それ以外は何を言いたいのか全く分からんもん。
最後、何故菅原が急死する必要があったんかもよう分からん。

それに今の感覚とは大いに異なるなと思った。
だってヤクザに脅されながらも平然と息子夫婦の家にいるなんて、
息子夫婦や孫を危険にさらす行為そのもので、良くないし。

現に孫が誘拐されてるし、その救出に不良少年を巻き込むし。
しかも彼らの前で機関銃をぶっ放すし、今の感覚じゃ格好よくない。
それに組長も脇が甘すぎてアホ過ぎ。その部分はコメディ。

でもコメディ路線で丸く収まって事実上の手打ちになった後に、
何故わざわざ菅原が死ぬ必要があったのか?

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ