ここから本文です

ライフ・オブ・デビッド・ゲイル (2003)

THE LIFE OF DAVID GALE

監督
アラン・パーカー
  • みたいムービー 541
  • みたログ 1,945

3.98 / 評価:588件

結末から見えてくる異常性

  • pol***** さん
  • 2009年3月13日 10時44分
  • 閲覧数 1622
  • 役立ち度 18
    • 総合評価
    • ★★★★★

面白かったですよ。
アメリカでダントツに死刑執行率が高いテキサス州における「死刑廃止制度」を軸にしたサスペンス作品です。
内容が内容だけにちょっと重いと感じると思いますが、実際にはサスペンス度が高く、さらに最後の結末から見えてくる登場人物の異常性には舌を巻きます。
死刑をテーマにした作品といえばショーン・ペンの【デッドマン・ウォーキング】、ビョークの【ダンサー・イン・ザ・ダーク】などがありますが、この作品はそれらとは違いハリウッドならではの娯楽性が含まれています。

これから観る予定の方は、この先を読まないでくださいね。
ネタばれになっています。

主人公は元大学教授役のケビン・スペイシーですが、【死刑廃止運動】グループの仲間である同僚の大学教授女性をレイプして絞殺した容疑で死刑判決を受け刑務所に収監されています。

女性の死体からは、ケビンの体液も検出されており疑いようのない証拠があります。
そんな中で、死刑執行日の3日前に一人の女性記者を呼び、この殺人事件について全てを話すという展開になります。

この女性記者はケビンとの面会でのやり取りの中で、疑問を持ち始め冤罪の可能性を感じて調査を進めていきます。
ここまでだと、ありがちな話ですが・・・。

実は被害者の女性は白血病でもうじき死ぬことを自覚していて、先の短い命を【死刑制度廃止】グループの仲間に手伝ってもらい、殺害された模様を録画したビデオテープを作ります。
後にこのテープの続きを撮影したメイキング・テープが女性記者に送られてきます。そこにはケビンの姿が映っています。
女性は自ら全裸になり、両手首を後ろに手錠をして、口をガムテープで塞ぎ、その上からビニール袋で顔を覆い、自ら窒息死させたのです。
あたかも自殺を他殺に見せかけ、冤罪の罪で死刑になる恐ろしさを世間に訴えるための工作です。
証拠のビデオテープも死刑が執行された後に発見されるようになっており、その証人の役割として女性記者が選ばれたのでした。

ケビンもこの工作を手伝った一人です。
死刑を覚悟しての訴えです。
ゾッとしますね。俺には信じられません。

この作品の冒頭で、ケビンは大学生の教え子と肉体関係を持ったことがバレて生徒に訴えられ妻と子供に逃げられます。
教授の職も失い自暴自棄になりアルコール依存症になります。
その後白血病の【死刑制度廃止】グループの被害者の女性と、お互いに慰めあうように肉体的に結ばれるシーンがあります。
とても感動的に映されています。
女性は「あまりSEXをしたことがないの」と照れながらケビンに身を委ねます。
ケビンも優しく女性をつつみこみます。
しかし、最後に全てが明らかになった後に、振り返ってみると、あのシーンもこの工作のためにお互いが了承して、膣内に精液を残して置くための行為だったのでしょうか?愛はなく、ただレイプを偽装工作するためにしたのかという疑問が・・・。
だとすると、異常ですね・・・。

さらに言うと、”ケビンは大学生の教え子と肉体関係を持った”という件も、最初から存在しないのではないかと思ってしまいます。
もしくは教え子もグルで、レイプを再犯とさせるための複線を張るための工作だったのでは・・・全てが最後のどんでん返しのために用意させられていたのではないのか・・・。
その教え子は、学績不振で退学になる予定だったので腹いせに、自分からケビンを誘い、周りには無理矢理襲われたと触れ回って、ケビンを追い出しました。
その後、ケビンのもとにその教え子から一枚の絵葉書が届きます。
その絵葉書のには「なんでもする教え子より」と書かれていました。
この作品の最後にケビンと別れて異国で暮らす奥さんと子供に、ケビンから大金と一緒に、その絵葉書と同じものを送っているのです。

ちなみに大金を運んだのはグループで"カウボーイ”と呼ばれる仲間(女性記者はずっとそのカウボーイが犯人だと睨んでいました)で、大金を用意したのはケビンの弁護人役の人です。
本当に、全てが仕組まれていたのです。
(実際に作品を見ないと分からないですよね)
しかし、本当に良くできた作品です。
あまりに脚本が出来すぎているので、本来のテーマである死刑廃止というテーマが薄れていますね。
せれでも知的で不気味な秀逸な作品だと思いますよ!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不気味
  • 知的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ