レビュー一覧に戻る
春の惑い

春の惑い

小城之春/SPRINGTIME IN A SMALL TOWN

116

bab********

5.0

静謐な映画でした。

中国の古都の没落した上流階級の男女の悲恋を描いた、慎ましく、品のある映画でした。 戦後すぐの設定になっていたので、共産主義国になって、文化大革命も起きた中国で、主人公達はどの様なその後の人生を送ったのだろう、と思わず考えてしまいます。 それにしても登場人物の感情を抑えて生きていく姿勢は、見慣れているアメリカ映画などにはあまり見慣れないものでした。 その手の映画が、がさつに思えるほど、静かではかない映画でした。 スティルライフという言葉を思い出しました。

閲覧数466