東京ゴッドファーザーズ
4.1

/ 811

43%
35%
16%
4%
2%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(174件)

笑える15.4%楽しい14.8%コミカル13.2%泣ける10.5%ファンタジー6.8%

  • カリブソング

    5.0

    ホームレスの歓喜の歌

    ホームレスのオジさんとオバサンと少女に、赤ん坊が引き起こす七転八倒のノンストップ歳末ドタバタ悲喜劇の、ブッ飛んだ爽快感!

  • vap********

    4.0

    米映画が元ネタのようですが

    48年「三人の名付け親」という米映画が元ネタと、今監督も認めているようですが、本作の出来映えはなかなかですね。  ホームレスという底辺の3人が捨て子を拾うという設定が、年末の新宿を舞台に次々と面白い展開を見せていて、脚本といい、キャラといい、いい味出していますね。  とにかく、総合力が高くていい作品ですが、ちょっと残念なのが画面がちょっとうす暗く感じたことですかね。場面にもよりますが、ちょっと気になりました。

  • rat********

    5.0

    ホームレス疑似家族、聖なる夜の夢物語。

    BS12で放送したのを録画して鑑賞。 懐かしいタイトルに惹かれて見ちゃいました。2003年の作品ですよね。 でも、当時は・・・なんか見逃しちゃったんですよ。まぁ、好みのジャンルではなかったってのが、大きな理由ですが。 今回、暇をもて余してって感じで、見たんですが、面白かった!最高です! 予想以上に楽しませてもらいました。 こういうものを喜ぶ年になったってことかな。 さて、本編ですが、自称元競輪選手のギンちゃんとオカマのハナちゃん、家出娘のミユキのホームレストリオがクリスマスの夜に捨て子を見つけるところから始まります。 オカマのハナちゃんが、母性本能をくすぐられ連れ帰るんですが、やっぱり本当の母親に返そうということになる。 三人それぞれがホームレスになる理由のドラマを交え、銃撃事件やホームレス狩り、カーアクションまで魅せてくれる。 そして、勿論、お笑いの要素もたっぷり。 ホームレスという独特の世界を舞台に、涙あり笑いありの最高のエンターテイメントでした。 クリスマスから年始に向けて、ちょうど今時の話です。ホンッと面白かった。感動です! 絵の魅力は勿論なんですが、声がまた良かった。エンドロールの第九もバッチシです。

  • cyborg_she_loves

    5.0

    すごい

    「元気もらえる」とか「ハートフル人情喜劇」とか「あったか系」とか皆さん書いておられますけど、いや最後の最後の結末としては間違いなくそうなんですけど、そこに至るまでの経過の部分はむしろ、驚いたというか呆気にとられたというか、「どういう頭で考えたらこんなアニメが作れるんだろう?」という驚嘆がまず最初の感想でした。  もちろん、いい意味でですよ。  私は今敏という人を恥ずかしながら今まで知りませんでした。  もちろん、まさにこれからという時に46歳の若さで亡くなり、作品数も少ないから、というのもあります。  これを見て、間違いなく今監督は「超」のつくド天才だったと確信しました。  それだけ言いたくて出てきました。  どこがどう「すごい」かは、説明するのもヤボなので書きません。知らない人は、見てもらえばわかります、と言えば十分。

  • gao********

    5.0

    元気もらえる掘り出し物

    昼に封切り間もないマト****を見て、帰宅後、掘り出し物求めて予約録画してあったので、このレビュー評価の高さに誘われて見てしまいました。いや、見ることができました。 偶然、現段階で、映画館でみたマト****と並ぶ高評価。どちらが勝ちということはなく、どちらも楽しめる自分に幸せを感じます。 いつもは憂鬱な日曜夜ですが、今夜は明日への活力で一杯です。高評価で、自分を誘ってくださった皆さん、ありがとうございます。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


江守徹ギン
岡本綾ミユキ
加藤精三母さん
槐柳二老人
屋良有作ミユキの父
柴田理恵猫ババ
犬山犬子胡桃沢
山寺宏一タクシー運転手

基本情報


タイトル
東京ゴッドファーザーズ

原題
Tokyo Godfathers

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-

ジャンル