ここから本文です

ディナー・ウィズ・フレンズ (2001)

DINNER WITH FRIENDS

監督
ノーマン・ジュイソン
  • みたいムービー 2
  • みたログ 40

2.67 / 評価:6件

絶品―夫婦の不可解を余すこと無く描く。

  • toratoraborta さん
  • 2011年3月6日 23時18分
  • 閲覧数 321
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

夫婦の、カップルの、「不可解」こそがこの作品の主題である。
それぞれの期待に裏切り。夫婦は互いに似ていたり、似ていなかったり。
本当が嘘になり、嘘が本当になったり。見下すのは恐怖からだったり、自由になりたいのは自身を持ちたいがためだったり…何というかこの「不可解」には息を呑むような美しさも、クスリとしてしまう不真面目さも、ムカムカする偽善も、色々と含まれている。

やけに本が良いと思ったら、原作はピューリッツァー賞受賞の戯曲らしい。道理で。

しかし、ノーマン・ジュイソンは本当に芝居を付けるのが上手い。延々と続く会話劇でも、何でこんなに惹き付けるのだろう。何度見ても良い映画だし、人生の栞として挟んでおくと良い映画だ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 悲しい
  • 不思議
  • 知的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ