ここから本文です

シティ・オブ・ゴッド (2002)

CIDADE DE DEUS/CITY OF GOD/GOD'S TOWN

監督
フェルナンド・メイレレス
  • みたいムービー 1,243
  • みたログ 2,625

4.19 / 評価:854件

人は皆、使命を持って生まれる?

  • iBoat_studio さん
  • 2020年2月8日 23時06分
  • 閲覧数 919
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

基本的に、映画は現実逃避として観るので、普段はSFやファンタジーばかり観ているが、たまにはこういうのも観たくなる。

60〜80年代のリオのスラムで生きる、マフィア化したストリートチルドレンの実話に基づいた物語。
「人は皆、神様から役割を与えられて生まれてきた」などとほざいて得意になっている平和ボケさんに是非観てほしい、子供たちの不条理な暴力と犬死をこれでもかと生々しく描いた作品だ。

子供は誰でも、身近にカッコイイ先輩、大人がいればそれをマネしたがる。大人が思っているよりずっと、子供はみんな、大人から学びたがっているのだ。
だから、子供に勉強好きになってほしければ、単純に周囲の大人たち自身が勉強好きになればいいことだと、僕は常々思っている。
周りの大人がカッコ良く本を読んでいれば子供も必ず本が好きになるし、カッコ良くコカインを吸っていれば子供も自然と吸うようになる。ただそれだけのことなのだ。

(実は好きじゃないのであまり観てないが)タランティーノ演出、特に最初のシーンがラストに繰り返されて違った意味を持って見えてくるところなど「パルプフィクション」の影響がある。
80年代までこんな状況のところが近所にあるような場所で、よくオリンピックなんかやったもんだよなー。

天才子役が何人かいるなーと思ったら、なんと現地のスラムでオーディションして集めた子どもが大半らしい。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ