バンガー・シスターズ

THE BANGER SISTERS

100
バンガー・シスターズ
3.1

/ 43

7%
26%
47%
16%
5%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(15件)

笑える20.8%かわいい16.7%コミカル16.7%楽しい16.7%セクシー12.5%

  • arl********

    4.0

    G.ホーンは女神!

    愉しい話でした。俳優陣3人も素晴らしい。 まわりの皆を幸せにするヴィニ―(G.ホーン)は女神(もしくは天使)だったんだね!

  • hirosi88

    4.0

    楽しくなる映画

    楽しくなる映画

  • oce********

    2.0

    昔は良かったという物語

    60~70年代で活躍したグルービーのバンガー・シスターズ。 一方のスゼットはウェイトレスをクビになり、自堕落な毎日。 そこで頼った相棒ヴィニーの家に潜り込むが、過去とは打って変わって良妻になっていた。 スーザン・サランドンは無理をしている感があるし、ゴールディ・ホーンは整形のし過ぎで若さを保つという年齢不詳だから似合う(笑) でもこの映画二人の過去が必要だとは感じられないほど浅いし、熟年ならではの毒気もなく着地点も平凡そのもの。 ところで意味ありげだったジェフリー・ラッシュは何のために出てきたの?

  • kuro_icf

    4.0

    本音で生きるのは勇気がいること

    昨日の夜。 そろそろ寝ようかなと思った頃に一つの映画が始まった。 画面に映し出されたキャストはゴールディ・ホーンにスーザン・サランドンそしてジェフリー・ラッシュ。 あれ?結構有名な人達じゃん。 タイトルは「バンガー・シスターズ」 すかさずここで確認してみると意味は「ヤリマン・シスターズ」だそうです。 すごいタイトルだな・・・。 あらすじも結構興味深かったので、最初の方だけ少し観て寝ようと思って鑑賞。 気がついたら・・・結局最後まで観てました。 深夜番組でよくあるパターンですな。。。 でもそうなってしまったぐらいの魅力がある映画です。 ゴールディ・ホーンはケイト・ハドソンの母親と言うこともあって、仕草などが本当にそっくり。 あのちょっと唇を噛む感じや小悪魔な雰囲気。 まぁ親子だもんね。 むしろセクシーさに関しては母親の圧勝であります。 スーザン・サランドンも流石ですね。 清楚な現在の姿からは想像も出来ない過去を封印したいため、最初は会いに来た親友に冷たく対応していたが、今も変わらぬ彼女の姿に感化されて本当の自分を見出していく。 ジェフリー・ラッシュの潔癖症で気難しく、人生そのものに落胆した姿も哀愁を誘うものがあります。 彼が抱える秘密がラストで効いてきます。 どんなに取り繕っていても、やっぱり本音で生きるのが一番良い事だと訴えかえるような映画でした。 テーマはどこか普遍的なものではあるが、名優3人の素敵な演技により、鑑賞した後にスカッとする気分になれる映画でした。

  • soc********

    3.0

    実の娘と共演

    個人的にスーザン・サランドンが好きです。強く逞しい女性の役がとても似合う女優さんです。ゴールディ・ホーンも歳の割に凄く綺麗で、あの歳であれだけ体のラインを強調する衣装を着ても全くいやらしくならないのは特権だと思います。配役よかったと思います。 スーザン・サランドンの実の娘が次女役で出ていましたが目がパッチリでそっくりです。姉役がえらくブスに見えちゃってなんだかかわいそうだったなぁ。 ジェフリー・ラッシュがいい味出してました。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
バンガー・シスターズ

原題
THE BANGER SISTERS

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-