ここから本文です

許されざる者 (1992)

UNFORGIVEN

監督
クリント・イーストウッド
  • みたいムービー 444
  • みたログ 3,291

4.02 / 評価:1121件

必殺仕事人+酔拳ですが、非シンプル。

  • るー さん
  • 2020年5月6日 1時57分
  • 閲覧数 728
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

あれ?イーストウッドらしくないな、という印象。この監督の特徴である「細部を端折ったシンプルさ」と「ナイスな音楽」はちゃんと出てましたが、いつもの「メッセージ性が強くてエンドロールを最後までぼんやり観てしまう」ような独特の観後感がなく実にサラっとしたラスト。●個人的には「おちんちん笑われたヤツも、保安官も別に悪くないじゃん」て感じちゃってイマイチ感情移入できず。同じ役どころで言うと「クイック&デッド」のジーン・ハックマンの方がハマってますね。●長年封印していた殺しに再び出向く動機もイマイチ弱いし、モーガン・フリーマンが途中でケツ割った理由もよくわからないし、あの本屋の役割がよくわからないし。登場人物の多くが「虚勢を張ってる」のと保安官の「罪のないヤツなどいない」ていう台詞辺りにテーマ含んでそうですが。●あとモーガン・フリーマンの奥さんがインディアンだったり、死んだ奥さんが29歳!?てトコとか、色々と深読み要素はありそうです。1回観ただけでは読み切れないスルメ系作品です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ