ここから本文です

池袋ウエストゲートパーク スープの回 (2003)

  • みたいムービー 32
  • みたログ 769

3.80 / 評価:123件

ホントにこれクドカンの代表作シリーズ?

  • tit******** さん
  • 2016年11月26日 14時39分
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

TVドラマ版は知らないけど、ややゴチャゴチャと詰め込みすぎてしまったきらいもあったかもでしたね。

ホームレスが次々と襲撃される事件が起こって、ある抗争を収めた武勇伝もあったらしい主人公がどのように解決していくか?と思いきやです。そのホームレス襲撃事件とラーメン対決の2本立てみたいでしたが、勿体ぶっていたのか中盤まではどちらかと言えば後者の方がメインな感じでしたね。脇知弘氏演ずるワッキーがラーメン食べていたシーンではいかにも美味しそうだなあでしたが、尾崎、確かに西島千博氏は実際プロのバレエダンサーだっただけにパフォーマンスのキレは良かったけど、その自分のパフォーマンスに酔っていたナルシストで、ガチンコラーメン道やクレイジーケンバンドの「タイガー&ドラゴン」等、ウケ狙いが見え見え過ぎたパロディ共々笑えなかったですね。(「タイガー&ドラゴン」はセルフパロディだったが。正確には)

ホームレス集団のボスだったオジさんが主人公の親父だった事が判明したり、襲撃事件の犯人等主人公の同級生だった森永が情報収集等貢献していたのも無視できないポイントでしたが、その犯人がねえ・・・・・・・・・・
自分達のパフォーマンスの為なら他人を痛めつけ、踏みにじっても全く意に
介さない精神構造の持ち主でしたが、自分がいざ主人公に懲らしめられそうになるや覚悟とか皆無でヘタレぶりをさらけ出す等アレだけ勿体ぶった割には小物過ぎだったでしょう。

そして観客が多数集まったライブでは、こいつの代わりに主人公が登場して、サプライズなパフォーマンスをやってのけたのですが、所詮主人公とその仲間達の正義を引き立てるだけの存在価値しかなく、薄っぺらく底が浅かったですね。
やたらと(?)「ブクロ(池袋)最高!!」と叫んでいたけど、本作については
「最低!!」とまではいかなくとも、「原作知らないけど、ブクロウエストパーク
最高!!」とはとてもじゃないけど、思えませんでした。後の「ごめんね!!青春」
とかでは本作の悪い所がさらに酷くなってしまっていた感じでしたね。こういう
主人公絶対主義とか。脚本家としてのクドカンについては否定的ですが、これで2019年の大河も大丈夫?評価はまあ☆2つですね。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ