ここから本文です

ファイブ・デイズ・ウォー (2001)

THE LOST BATTALION

監督
ラッセル・マルケイ
  • みたいムービー 0
  • みたログ 20

3.87 / 評価:15件

原題は失われた大隊

2001年アメリカで制作されたTV映画.ストーリーについては、史実に基づいていることもあり、非常に緊迫感のある展開です。“苦境を耐え抜いたニューヨーク州兵万歳!アメリカ万歳!”的な匂い.
第一次世界大戦。1918年、フランス、アルゴンヌの森で起きた米兵と独兵の壮絶な5日間の戦いが、実話に基づいて描かれている。
司令部の机上の作戦に対し、ホイットルシー少佐はあらゆる物資が不足している状況と、勝利の見込みは無く全員玉砕となるであろう事を理由に再考を願い出る。しかし「文民出身」が故に勇気と作戦能力の不足を暗に指摘され、「終戦のために役に立ちたい」という思いも持っていた彼は、仕方なく作戦を引き受ける。辛うじて補充兵を得たものの、総勢500人の兵は戦い終了時にはたった200名足らず。 第二次世界大戦の装備とは明らかに異なることに目を引かれる。若干セピア色の映像にして血肉の色を抑えてあるものの「face to face」の戦いは第一次世界大戦ならではの凄まじさを物語る。司令部と最前線の「戦い」という行為の認識のギャップ、「文民出身軍人」という立場の意味するもの、米軍の考え方と独軍の考え方、職業軍人と志願兵・・などなど、観終わって腹にずっしり応える作品。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 勇敢
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ