ここから本文です

ナイン・ソウルズ (2003)

9SOULS

監督
豊田利晃
  • みたいムービー 96
  • みたログ 635

3.47 / 評価:124件

昭和の不良憧れがある人には

  • otorima さん
  • 2017年2月13日 22時44分
  • 閲覧数 953
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

リアルな脱走劇ではなく、9個の魂の解放?の話。
なので最初からかなり無理のある脱獄劇だけど、そこを突っ込む映画ではないのはすぐにわかります。
松田龍平君は…申し訳ないけどこの方が出てくると映画が安っぽく感じる…
そしてユニークなワゴンに乗るのですが、アウトローに生きてる俺らのハチャメチャ中年青春映画だったらどうしよう・・・
と心配になりかけた所で、ありえないものを犯そうとします
「そんな女子供が喜ぶ様な甘ったるい映画じゃねーから!」とジャブ。
昭和っぽいザラザラした映像も良い感じ!

こりゃぁ楽しみだと観ていたのですが、結局いまいちピンとこず。
まず、この兄やんたちがあまりにも昔ながらの男たちで、ダメ男どもだがどこか愛嬌あるな~っこいつらといつまでも旅をしていたい!って所までいかず。
「俺は不器用でどうしようもない男やけど、ほんまは苦労しとったんや。少しでいいからわかってな」みたいな。
この男たちを好きになれるかどうかで映画の評価も変わってくると思います。
松田君の女装が意外にいいのと、ジュニアさんはこういうチンピラ役にはピッタリ!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ