レビュー一覧に戻る
ミニミニ大作戦

ミニミニ大作戦

THE ITALIAN JOB

111

kak********

4.0

ミニ・クーパーが活躍するから、この題名?

1969年マイケル・ケイン主演の同名映画のリメイク。 というより、1965年のイタリア映画「黄金の七人」に似ている。 物語は、悪党から金塊の強奪に成功するも裏切りにあって仲間が殺される。そこで復讐の計画が実行されるのだが、果たして結末は? 最初の舞台がベニスのため、水上でのアクションでハラハラさせられ、後半は舞台をアメリカに移動させ車のアクションで楽しませてくれる。その車がミニ・クーパーなので邦題がミニミニ大作戦になったのかもしれない。ちなみに原題は「The Italian Job」でイタリアの仕事と言うよりコードネームのようだ。 主演は、「テッド」シリーズでコミカルな演技を披露しているマーク・ウォールバーグ。本作品ではリーダー格で物語の中心人物。相手役と言うよりヒロイン役は、同年「モンスター」でアカデミー賞とゴールデングローブ賞の主演女優賞を獲得したシャーリーズ・セロン。 共演は、「アメリカン・ヒストリーX」のエドワード・ノートン、「オースティン・パワーズ」シリーズのセス・グリーン、「トランスポーター」シリーズのジェイソン・ステイサム、そして、「鷲は舞いおりた」でマイケル・ケインと共演したベテランのドナルド・サザーランド。 泥棒と言うより、それぞれの専門家が力を合わせ成し遂げるチームワークが痛快で面白い。スマートに事が進んで行くので、こんなに簡単に成功するのかと感心させられるが、不可能を可能にしてしまう見せ方が上手い。ひととき夢を見させてくれる楽しい映画です。

閲覧数2,274