ここから本文です

セマナ -血の7日間- (2002)

SEMANA SANTA

監督
ペペ・ダンカート
  • みたいムービー 1
  • みたログ 7

3.25 / 評価:4件

宗教と内戦の異文化感に映像美プラス

  • ppp***** さん
  • 2009年5月26日 14時53分
  • 閲覧数 370
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

スペイン色満載の、なかなかの良作なんですが・・・
スペインの”聖週間”(セマナ サンタ)という
宗教の祭典を舞台に、覆面をした不気味な犯人による
連続殺人が起きます。

この事件の裏には、7、80年前のスペイン内戦が根底にあり
生き証人である老婆の周辺で連続殺人が起きます。

しか~し・・・見知らぬスペインの町並み、意味不明な
宗教儀式、女性蔑視の教会、女性蔑視の刑事たち、
内戦による犠牲者、闘牛とマタドール、等々、私には
あまりにも馴染みのない文化色満載だったので
ホームシックにかかりそうでした(^^;;
日本未公開作品なのはなるほど納得です。

ミラ・ソルヴィノはアメリカ人、オリヴィエ・マルティネスは
フランス人なのに、スペイン人という設定になっており
舞台もスペインなのに、彼らは
スペイン訛と思わしき英語で話しています。
このなんとも不思議な空気感はしばし違和感を覚えますが、
主人公2人の心が近づき始めるころになると
見ている方もやっと一息安心感を感じ始めます。

このアメリカンとフレンチの2人はどう見ても刑事じゃないだろう~!
ファッションモデルのように美しいです(^^)

ミラかオリヴィエのファンの方、またはスペインに
憧れている方は是非見ることをお勧めしますネ☆
カメラワークや町並みの映像は大変芸術的で美しいです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不思議
  • 不気味
  • 恐怖
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ