ジョゼと虎と魚たち
3.9

/ 2,075

36%
33%
20%
7%
4%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(649件)

切ない28.4%泣ける15.2%悲しい11.9%かわいい9.3%ロマンチック8.0%

  • his********

    1.0

    何やこれ

    すみませんがクソ映画です。2時間返して欲しい。ただ、俳優さんたちの演技はすばらしい。脚本通りに演じていたのでしょう。その脚本がつまらなすぎる。池脇千鶴も脱ぎ損です。何が言いたいのかわからない。洋画に対して日本映画の評価を下げる一本です。

  • jre********

    5.0

    ネタバレ役者さんの凄さを知りました

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • st.gajdtt

    5.0

    障害者とエロス

    この作品は良くも悪くも埋もれた作品だった ように思う。 当時リアルタイムで劇場やレンタルビデオ屋とかで観ていた人はみんないい映画だと思うだろうけど。普通におもろいからね 名作とは言われてはいるが数ある秀作の中の1本。実際映画好きでジョゼがオールタイムベストに入るなんて言ってる人に出会うことは無い。 最近アニメ版でジョゼがリメイクされると知った時、本当にセンスあるなぁと思った。 絶妙だよね、ジョゼを現代的にアニメ化って 原作小説と実写映画、アニメ版。それぞれ扱ってるテーマやジョゼの性格は一緒だが、作品の持つ本質は結構変わるから要注意。 実写は実写でいいし、アニメも良かった 実写版で特筆すべきは障害者の女性の性について描き切ったところだと思っている。 みんな目を背けがちな部分だった。車椅子の女性に性的興奮する人はヤバい奴。事件も色々笑えないやつあったからね。 でも車椅子に乗っている人も当たり前にセックスするんだ、、っていう衝撃こそ、この作品の本質であり、引いてる自分自身が偽善的で少し差別的な目でみていたのかなと。 ラストも凄い余韻を残す作品で、忘れられないんだけど、埋もれかけてたこの作品を現代にリメイクしてくれた人達は本当にいい仕事してるよね

  • おかあつ

    1.0

    全く楽しめず

    最後まで見ましたが、良さが分からず終わった。自分には合わず。

  • moh********

    4.0

    これはこれでいい作品だけれど

    実写版を未見のままアニメ版を鑑賞して、とてもお気に入りになっていて、聞こえてくる実写版のネタバレレビューで概要を知り、戦々恐々としていたところ、ようやく覚悟を決めて視聴。いい作品だとは思うし、一部にあった「実写版に比べてアニメ版は……」という批判も理解はできる。本作には、現実味のある世界が描写されている。 【ネタバレ注意】 悲劇だから、というだけではなく、映像的に時代を感じる。今なら女優を脱がせず同じように撮られただろうし、タバコの描写も抑えられただろう。もとはチャラいという恒夫の設定も感情移入の妨げになるし、周囲の人たちがそれぞれ微妙に悪意を秘めているのも同じだ。このあたり、ほとんどの登場人物が善人であるアニメ版と決定的に違う。作品としてそうであるべきかどうかはさておき、個人的にはアニメ版の方がずっと好き。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


池脇千鶴ジョゼ(くみ子)
江口徳子ノリコ
新屋英子ジョゼの祖母
陰山泰麻雀屋マスター
真理アンヌ麻雀屋客(中年女)
SABU麻雀屋客(中年男)
大倉孝二麻雀屋客(若い男)
荒川良々本屋店員
中村靖日麻雀屋客
山本浩之麻雀屋客
板尾創路現場主任
森下能幸近所の中年男
佐藤佐吉先輩の社員

基本情報


タイトル
ジョゼと虎と魚たち

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-