ここから本文です

なんくるムービー あじまぁのウタ 上原知子―天上の歌声 (2002)

監督
青山真治
  • みたいムービー 2
  • みたログ 11

3.25 / 評価:4件

これはアイドル映画だ

  • hel***** さん
  • 2007年10月9日 0時05分
  • 閲覧数 173
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

2002年。沖縄民謡と現代ミュージックを融合した沖縄ポップスの第一人者とされるりんけんバンドの歌姫上原知子をカメラで追ったドキュメンタリー。映画「EUREKA」で世界の映画賞を受賞した青山真治監督がメガホンをとった作品です。
沖縄歌謡界の重鎮照屋林介の息子照屋林賢が率いるりんけんバンド。一口に沖縄ミュージックといっても、ここの作風は三線や太鼓で歌を歌う沖縄民謡をエレクトリー楽器(キーボード、ベース)を加えた編曲にアレンジした曲を演奏するというもの。完全なリメイクではなく、あくまで沖縄民謡の形を残したアレンジですね。曲名も沖縄民謡が並んでいます。結成は1977年となるとすでに28年。バンドの大きな転換期になったと言われる上原知子の加入が1988年。そして、上原知子のソロデビューが1997年。保守傾向の強い沖縄で新しい音楽に対する偏見はかなり大きかったでしょう。苦労が偲ばれます。それでも良いものは良いと認めさせるには。無論何が良かったかというと上原知子のウタでしょうね。この映画、りんけんバンドのライブ映像とインタビュー、レコーディング風景のみで作られているのですが、全く興味のない人が見たら、おばさんが化粧している映像を撮って何が楽しいんだと思うでしょうが、ウタの島沖縄で育った彼女の間違いない歌声は、それなりの名声を得ている監督を虜にしても異論はありません。EUREKAでカンヌで賞を取った名監督のアイドル映画ですね、これは。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • かわいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ