ここから本文です

ティアーズ・オブ・ザ・サン (2003)

TEARS OF THE SUN

監督
アントワーン・フークア
  • みたいムービー 95
  • みたログ 1,853

3.52 / 評価:507件

命を懸けた迫力ある軍事アクション

  • bat***** さん
  • 2021年6月13日 0時09分
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

「良いこと、正しいこと何年もしていない」
救出作戦の現場を指揮するブルース・ウィリス扮するウォーターズ大尉が、こぼしたこの弱音が全てを語っているように思う。
屈強で正義感あふれる男たちだが、結局帰属する国の代理戦争のそのまた代理を担っているような立場で、組織の歯車でしかないわけだ。
そんなウォーターズ大尉が、モニカ・ベルッチ扮するリーナ医師の命を投げてても信念を貫き遠そうとする姿や現実の悲惨さに触発されて、土壇場で上層部の指令に反するミッションを決行する。
ともすれば、これは民族浄化や石油利権問題をテーマとしながら、組織の歯車だった男たちの反旗の物語と言えるかもしれない。

それにしてもやけに反政府軍をおぞましいものとして描くなと思ったが、ネットで調べると劇場未公開シーンにはその背景についても触れられていたらしい。

ストーリー展開や役者たちの演技はなかなか見ごたえがある。
特に、主人公一行が逃避する道中で同族たちが、虐殺されていくところを涙しながら呆然と見つめる難民たちの演技には迫力がある。
それもそのはず、なんとこの方々は民族浄化を当時経験していたらしい。
クライマックスの戦闘シーンの迫力が凄くて、圧倒されました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • パニック
  • 不気味
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 絶望的
  • 切ない
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ